妊娠中期の下腹部の痛みが気になる!心配だから知りたいその理由
373views

妊娠中期の下腹部の痛みが気になる!心配だから知りたいその理由

なぜ下腹部痛はピンポイントで痛んだりするのでしょうか?妊娠中期の下腹部の痛みは、子宮が左右対称ではないことややねじれを知っているだけでも納得なことがあります。また、痛みが強くいつも違う場合には心配な下腹部痛もあります。

妊娠中期の下腹部の痛み妊娠初期に心配な下腹部の痛みといえば、流産や切迫流産でした。
そして、妊娠中期の下腹部の痛みで新たに心配になってくるものもあります。
妊娠するとお腹の痛みにはとくに敏感になるものです。
ただでさえ、心配ごとの多い妊娠ですが、お腹が痛むのはとても不安になりますよね。

痛みの感じ方には個人差がある

痛みの感じ方はほんとうにひとそれぞれですが、妊娠中期にも下腹部痛があります。
基本的には、鈍い痛みを感じるのはよくあることで、出血や破水もなく、かつ胎動がしっかりしている場合は安静にして少し様子をみてみましょう。
あまり痛みに神経質になるのはよくありませんが、そうは言っても原因が分からないと不安なものです。

下腹部から足の付け根にかけて

下腹部から足の付け根にかけて、そのあたりがひっぱられるように痛む。
この場合は「牽引痛」のことがあります。
子宮を支えている靭帯は、子宮の横から両方の足の付け根方向に向かって伸びていて、大きくなった子宮の支えるために靭帯がひっぱられたり、緊張したりするために起こる痛みです。
ですがこれは自然に解消していきます。
イラストなんかで見ているので子宮は左右対称だと思っている人も多いと思いますが、妊娠している子宮は左右差があってどちらかに傾いていたり、少しねじれていると覚えておくといいでしょう。
だからだいたいの場合は片側の下腹部だけが痛むというわけです。
痛みは左に多いそうです。
痛い方を下にして少し足をまげて安静にしていると改善されるそうなので試してみて!
ほかにもおなじような生理的な現象としては、おなかの張りを感じることもあります。

左の下腹部がぐーっと痛む

盲点は「便秘」による痛み盲点は、「便秘」による痛みです。
妊婦がこんなにも便秘になりやすいとは思いませんでした。
妊娠中期は人によってはつらいつわりが一段落して、ドカ食いや偏った食材への執着など便秘になりやすいものです。
お通じによい食べ物を食べる、水分を多めに摂る、適度にカラダを動かすなど無理せず便秘を解消しましょう。
それでも便秘になってしまった場合は、自己判断で市販薬を使うことは決してしないようにしてください。
必要であれば主治医に相談のうえ、安全な薬を処方してもらいましょう。

心配な下腹部痛とはどんなもの?

「常位胎盤早期剥離」と聞いたことがありますか?
お腹が強く張って、出血もあるときはこの病気が疑われます。
(中には出血が表にあまり出ないこともあります)
その字のごとく胎盤が突然はがれてしまう病気で、胎児に血液が渡らず低酸素状態になり、母体もショック状態になることもある危険な状態です。
一刻も早い対処が必要な事態で、夜中でも受診しましょう。
また中期ならでは下腹部の痛みには、「切迫早産」もあります。
いつもと違う張りや、張りがだんだん周期的に強くなり、さらに出血をともなう場合は、早産の危険も。
また病気以外にも過度のストレスや寝不足が早産などを引き起こすこともあります。
「子宮筋腫」という病気が痛みの原因なこともあります。
子宮筋腫の部分が痛みというわけですが、痛み止めで様子見るほか、入院や手術を要する場合もあります。

激痛やなかなか治まらない痛みなら

健診まで待たずに主治医に相談しましょう下腹部の痛みが激痛の場合は、注意が必要です。
安静にしていても、その痛みや張りがどんどん強くなったり、出血が見られるような場合には、病院を受診して、調べる必要があります。
赤ちゃんの成長による痛みならばよろこばしいですが、下腹部痛には病気がかくれていることもあります。
いつもと違うと感じたときは次の健診まで待たずに主治医に相談しましょう。
妊娠はそう何回も経験するものではありません。
結果的に心配のない痛みだとしても、ネットでいろいろ検索して不安になるより精神的にずっといいと思いませんか?
受診して成長痛や牽引痛の痛みだと原因がわかると、案外次から痛みが気にならなくなったりするものです。

PR