妊娠中期の下痢は危険!?安定期だからって油断は禁物!
655views

妊娠中期の下痢は危険!?安定期だからって油断は禁物!

妊娠中期になってくると、赤ちゃんの様子も落ち着いて、妊婦さん自身も妊婦生活に慣れてくることで余裕が生まれてくる時期だと思います。しかし妊娠中期の下痢や吐き気など、安定期に入っても妊娠中の体はとってもデリケート、油断はできません。妊娠中期の基本的な知識や注意点についてまとめてみました!

妊娠中期の下痢に悩む妊婦さんが多い・・

妊娠中期の下痢

妊娠中期というのはいわゆる安定期と呼ばれる時期。つわりもおさまってきて妊娠生活にも慣れてきたなと思ったころに下痢になってしまう妊婦さんが多いんだとか。安定期だからと言っても妊娠中の体がどれだけ敏感で自分だけの体ではないということを痛感すると思います。妊娠中期に生じるこの下痢は、自律神経の乱れによるもの。妊娠中はホルモンバランスが崩れるため、自律神経の機能もおかしくなってしまいがちなんです。下痢だけでなく妊娠中期でも注意しなければいけない点がいっぱいあるんです!

妊娠中期ってどんな時期!?

妊娠中期の胎児の様子

妊娠中期というのは妊娠5か月から7か月のことを指す時期です。初期に激しかったつわりがだんだんと落ち着くようになり、流産のリスクもグーンと下がる時期です。この時期には妊婦さん自身、体の負担を心の負担も軽くなります。お腹の中の赤ちゃんも人間らし姿になり、ぐんぐん大きくなっていきます。赤ちゃんの体は大きくなるにつれ筋肉もどんどんついていくので、お腹の中での動きが活発になります。胎動を感じるようになるのも妊娠中期です。胎動を感じると改めて自分の体の中に新しい命が宿っていることを実感できます。

安定期でも注意しなければいけないことはいっぱい!

激しい眠気に襲われる!

妊娠中期の眠気の注意

妊娠中期には女性ホルモンの一つである黄体ホルモン働きによって強い眠気を感じることがあります。仕事や家事が手につかなくなるほど眠気が強くなることもあります。黄体ホルモンは赤ちゃんの成長のためには欠かせないもので、働きを抑えることはできません。眠気を感じたらいったん作業は中止して、横になってお昼寝をしましょう。どうしても眠気を紛らわしたいという方は、こまめに気分転換をしたり、軽いお散歩などの運動をすると頭がすっきりします。

今まで通りの服装じゃいけない!

妊娠中期になったら服装に注意

妊娠初期の間は、お腹の大きさはあまり大きくなく、普通の服装でも大丈夫だったと思いますが、妊娠中期に入ると赤ちゃんの成長のスピードはすごいです。どんどんお腹が大きくなっていきます。お腹が大きくなってもお腹を締め付けるような服を着ていると赤ちゃんの成長を妨げますし、妊婦さん自身も苦しい思いをすることになります。妊娠中期にはいったら、積極的にマタニティウェアを着るようにしましょう。今は、おしゃれなマタニティウェアを販売されているので妊娠していてもおしゃれを楽しむことができますよ。

旅行に行くなら今!

妊娠中に旅行に行くとしたら妊娠中期がチャンスです!妊娠初期は赤ちゃんの状態が不安定なので旅行にはいけないですし、妊娠後期もいつ赤ちゃんが生まれてくるのかわからない状態での旅行は危険です。安定期に入り、赤ちゃんも妊婦さんの状態も安定してきている中期は旅行に最適です。夫婦二人でいける最後の旅行にもなります。子供が生まれたらしばらくは旅行にはいけなくなるので体に無理のない範囲で思いっきり楽しめるところに行きたいですね。ただし、妊娠しているということを忘れずに、母子手帳と何かあったときにすぐに病院にいけるように旅行先の近くの産婦人科をあらかじめ調べたりなどといった準備は必要になります。遠出も体に負担がかかるので近場でのんびり過ごす旅行がオススメです。

PR