妊娠中期に転倒してしまった時の対処法と予防法
378views

妊娠中期に転倒してしまった時の対処法と予防法

妊娠中期に転倒してしまった場合、おなかの張りや痛み、胎動、出血があるかを確認し、病院に行く必要があるかどうかを判断します。心配な場合は病院へ行きましょう。妊娠中にしたけがの場合、検査などが出産後でなければ受けられないことがあります。転倒を防ぐため、外出時や自宅、勤務先などで注意することも重要です。

妊娠中期に転倒

妊娠中期は妊娠初期から安定期に入り、妊娠生活にも慣れてくる頃です。体調がよい日が続くようになり、行動的になりたくなる時期かもしれませんが、張り切り過ぎは禁物です。

妊娠中期は体調よくなりますが運動しすぎに注意

もし妊娠中期に転倒してしまった場合は、まず状態を把握しましょう。転倒し、痛みや驚き、不安などで焦ってしまうかもしれませんが、どこをどのように、どのくらいの強さでぶつけたかを覚えておきましょう。またできるだけ安静にしていることも重要です。

妊娠中期に転倒してしまったら?

転倒してしまった場合、おなかの張りや痛み、胎動、出血があるかなどを確認します。転倒した直後はあちこち痛むかもしれませんが、安静にし、病院に行く必要があるかどうかを判断します。転倒してすぐに症状がなかった場合でも、後からおなかが張ってくることなども可能性としてはありますので、転倒した直後に大丈夫だったとしても、様子をみましょう。症状がなくとも心配であれば病院に連絡し、転倒した状態などを伝えることや、受診することも大切です。

けがに要注意!

妊娠中期の転倒でのけがに注意

妊娠中期の転倒で、心配になることは多くあります。まずおなかの安全確認が優先されますが、お母さんのけがの状態の確認も必要です。妊娠中は注意力が落ちることから、転倒などのけがに対する注意は普段よりも必要です。妊娠中のけがの場合、けがの状態によっては詳しい検査が出産後でなければできないということもあります。

妊娠中は検査や薬に制限があるので怪我や病気に注意

また妊娠中にけがをしてしまうと、妊娠中でおなかが大きくなり、身動きが取りにくい状態に加え、更に安静が必要になったり、動きにくくなる場合もあります。妊娠中に考えられる体の痛みに加え、けがの痛みもとなると、辛い面も出てくるかもしれません。もちろん転倒、けがなどがなければそれに越したことはありません。必要以上に心配して動きを制限することはありませんが、気をつけて、ということを常に考えておくとよいのではないでしょうか。

注意力の低下

妊娠中は注意力が低下する傾向にあることや、身動きがとりにくくなっていることを理解しましょう。またもしけがをしてしまった場合、妊娠中は使用できない医薬品がありますので、使用する医薬品類は自己判断をせず、成分を確認したり、医師に相談したりするようにしましょう。

妊娠中期の転倒を防ぐための心がけ

妊娠中は基本的に妊娠前の生活に比べ、制限した方がよいとされる項目が増えます。車の運転や自転車に乗ることを始め、ヒールの高い靴を履くことや、天候が悪い日の外出などは、できる範囲で控えた方がよいでしょう。

妊娠中は出かけるときにもかかとの低い靴などにして転倒に注意

しかし、妊娠中でも出掛ける用事もあるでしょうし、何もしないというわけにはいかないことも多いでしょう。出掛ける場合には、時間に余裕を持ち、できるだけ混雑時を避けましょう。電車を利用する際には急いでいる人もいる点や、電車の出入り口付近は混雑する点を想定し、注意しましょう。自宅での家事においても、高い位置の掃除やお風呂掃除は無理のない範囲に留めましょう。

周りの環境に配慮を

自宅、勤務先などでは足元の整頓を心がけるとよいでしょう。通路に物が置かれている状態や、テーブル横などの見えにくい場所に物がある状態はできる範囲で改善し、段差がある場所に気をつけましょう。また自宅、勤務先ともに荷物の持ち運びなどの作業で体に負担をかけないようにしましょう。

PR