妊娠中の胃痛、もしかしたら「つわり」かもしれません!
239views

妊娠中の胃痛、もしかしたら「つわり」かもしれません!

妊娠中の胃痛に苦しめられていませんか?つわりもキツイ初期なのに胃痛まで・・・。もしかしたらその胃痛は「つわり」によるものなのかもしれません!妊娠中に起こるかもしれない胃痛はどうしたらいいのか?薬は飲んでもいいのかなど知りたいことをチェックしていきましょう!

妊娠すると様々な体調の変化を感じることがあると思います。妊娠して一番よくきくのが「つわり」ですよね。
そんなほぼ誰しもが通るといっても過言ではない「つわり」に加えてまさかの「胃痛」で苦しむことがあるんだとか!

いったいどうして「胃痛」を引き起こしてしまうんだろう?「胃痛」を感じたときいったいどうしたらいいのでしょうか?

妊娠中の胃痛は「つわり」が関係していた!

妊娠初期の”胃痛”

妊娠初期の胃痛

妊娠初期で悩まされる一番の症状といったら「つわり」を上げる人が多いと思います。
実は、このほぼもれなくといっていいほど妊娠すると経験する「つわり」が、胃痛にも関係していることがあるのです!

つわりのときひどい胸やけや嘔吐を繰り返したりしますよね。これはホルモンバランスの変化によるものだと言われていますが、その変化するホルモンの中でプロゲステロンが大量に分泌されることで胃腸の働きも弱めてしまうんだそうです。

それによって食べ物を消化する働きを弱めてしまい、それによって胃痛が生じてしまうということがあるそうなのです。他にも様々な身体の変化でストレスが加わり、胃酸がいつもより多く分泌されたりといったことも起こるそうで、これに伴い胃痛を感じてしまっていることもあるんだそうです。

妊娠中期の”胃痛”

妊娠中期の胃痛

妊娠中期になるとほとんどの人がつわりが楽になってきたり、ウソのようにつわりが収まる人もいます。
今度はお腹が徐々に大きくなってくる時期に入ってくることで、胃や腸が押さえつけられてくるようになります。

これによって”逆流性胃腸炎”といって胃酸が逆流してしまう症状に苦しめられる妊婦さんもいるそうです。これは場合によっては出産まで続いてしまうこともあるそうです。
また妊娠前からこの症状がある人はかかりつけの医師に相談し、これ以上ひどくならないよう薬を処方してもらうなど対策をしておくことをオススメします。

妊娠後期の”胃痛”

後期になるといよいよお腹の大きくなり、より一層胃や腸を圧迫することになります。つわりが収まっていた人でもこの圧迫により吐き気やゲップ、胸やけといった症状を引き起こし、ここでも胃痛を引き起こすことになることもあります。

この時期でも”逆流性胃腸炎”になりやすいことには変わりないので、もしその症状を感じたときは医師に相談するようにしてくださいね。ここで悪化させてしまうことで出産後も苦しむこともあるそうですよ。

妊娠中の胃痛を防ぐ方法は?

妊娠中の胃痛を防ぐ方法

一度にたくさんの量を食べることは避け、よく噛んで食べることをオススメします。よく噛むことで消化を飲み込む時点で助けることになるので胃に負担をかけにくいですよ。

そして一日の食べる量はそのままでもいいのでその回数を分けるのもオススメ。これは胃酸過多になるのを防ぎます。そして胃が空っぽになることを避けることができるので、胃酸で胃などを傷めることを減らすこともできます。

そして基本、消化のいいものを食べるようにしましょう!体重管理も妊婦さんにはつきものなので、そのあたりも考えて食べるものをチェックしてみてくださいね!

胃痛、妊娠中でも薬を飲んでもいいの?

胃薬などは妊娠中でも大丈夫とされているものがあるそうですが、症状、妊娠の週数によってはやはりNGのものもあるので、ここはかかりつけの医師と必ず相談してから飲むようにしてください。妊娠前から飲んでいる人もちゃんと相談してからのほうがいいですよ!

PR