妊娠中期にうつぶせ寝をしても大丈夫!?妊娠中期の良い寝方とは!?
189views

妊娠中期にうつぶせ寝をしても大丈夫!?妊娠中期の良い寝方とは!?

妊娠中期となると、だんだんとお腹が大きくなってきて、だいぶ妊婦さんらしくなってきますね。もともとうつぶせ寝が一番寝心地良い人にとっても、そうでなくても、妊娠中期にうつぶせ寝をすることは大丈夫なんでしょうか?実は、うつぶせ寝は妊婦さんにとって、とっても良い寝方なんですよ。

妊娠中期のうつぶせ寝って?

妊娠中期のうつぶせ寝

初産の妊婦さんでも、多くの方が妊娠5カ月ほどになると、下っ腹がぽっこりと出始めて、どこからみてもだんだんと妊婦さんらしくなってきます。

お腹が小さかったころは、あまり気にならなかったうつぶせ寝も、妊娠中期になるとだいぶ赤ちゃんが大きくなってくるので、赤ちゃんにとって様々な影響がありそうな感じがしますよね。
そこで、妊娠中期にうつぶせ寝をすると赤ちゃんにどんな影響があるのでしょうか?そして、妊婦さんの体ににとって影響がないのでしょうか?

うつぶせ寝と妊娠について

うつぶせ寝で赤ちゃんは苦しくない?

妊娠中期のうつぶせ寝で赤ちゃんへの影響

妊娠初期に比べて、お腹がぽっこりと出てきているし、胎児も大きくなってきている状態が妊娠中期になります。
そんな、妊娠中期にうつぶせ寝をすると妊娠初期に比べても、お腹の中の赤ちゃんにママの体重が乗っかっている状態のようになる感じがしますよね。そうなると、赤ちゃんは押しつぶされている状態になっているような気がして心配ですね。

しかし、安心して下さい。赤ちゃんは息苦しくないんです。お腹の中の羊水の中で眠っている、あるいは動いている赤ちゃんは、羊水に守らているので、ママがお腹を締め付けられている状態でも、まったく影響がありません。

お腹が苦しいとどうなる?

ただし、うつぶせ寝をすることによって、お腹が圧迫されることはあまり好ましい状態ではありません。
これはうつぶせ寝だからというわけではなく、仰向けで寝ることも同じことになります。

お腹を圧迫されることによって、妊婦さんの血液の循環が悪くなると、血圧が上昇することになってしまい、それが妊娠中毒症の高血圧の原因となってしまうこともあります。また、血液の流れが悪くなると、妊娠中期以降の妊婦さんのトラブルである「静脈瘤」を生じさせてしまうことがありますので、気をつけなければなりません。

妊娠中期以降はシスム体位がおススメ!

シスム体位とは?

妊娠中期以降の寝る体位

シスム体位とは、自分の左半身が下になった状態の横向きの格好を言います。そして、右足が左足よりも前に出すようにします。出来れば、右足を抱き枕のようなものに乗せている状態だとさらに楽になります。

この体位は、もともと、こん睡状態の人間の気道を確保するために考えられた姿勢ですが、妊娠中もお腹が大きくなって、睡眠時にきちんとした呼吸を確保するために、このシスム体位が推奨されています。

抱き枕などを上手に使って!

とにかく、お腹が大きくなってくると、寝る姿勢ということも考えていかないと、なかなかぐっすりと快適な睡眠を得ることが出来なくなります。
シスム体位はそういったことをかなえてくれるのですが、それだけではなく、抱き枕などを上手に使うと、よりシスム体位にしやすくなります。抱き枕は、そういった意味で、睡眠の姿勢を整えるのにおススメです。

妊婦さんは睡眠が大事!

妊娠中期から後期にかけてくると、どんどんと睡眠の間隔が短くなってきます。基本的には、仰向け、うつぶせでも、その妊婦さんが寝苦しいわけでなければ、どんな姿勢で寝ても構いません。
ただし、苦しい、辛いということがあるならば、シスム体位などを活用して、十分な睡眠を確保できるように心掛けましょう。

PR