これってもしかして・・!?赤ちゃんからのサイン!妊娠超超初期症状をいち早く見つけよう!
650views

これってもしかして・・!?赤ちゃんからのサイン!妊娠超超初期症状をいち早く見つけよう!

妊娠超初期には風邪っぽさやおりものの変化などお腹の赤ちゃんからのサインが現れる時期です。サインに気づいたら妊娠検査薬で調べたり産婦人科を受診したりなど赤ちゃんを産むための準備をしていきましょう。

妊娠超超初期症状っているぐらいに現れるのもの!?

妊娠超初期っていったいいつ頃のことを言うの??

妊娠超初期っていつ

妊娠は妊娠初期、妊娠中期、妊娠後期の3つの時期に分かれているのは多くの方がご存じだと思います。しかし、妊娠超初期という時期について知っている方は少ないと思います。いったいいつ頃のことを指すのでしょうか?

妊娠超初期は一般的に生理予定日から妊娠2か月くらいの間の時期のことを指します。妊娠超初期症状の兆候が現れるのも大体この時期です。しかし、妊娠超初期症状の現れには個人差があります。生理予定日前から体に違和感を感じる方もいれば、まったく超初期症状が現れない方もいます。あまり固く身構えないで気楽な気持ちでいることが大切です。

妊娠超超初期症状にはどんなものがある!?

超初期症状①おりものが変化する

妊娠超初期の段階ではおりものが変化します。まず、おりもののにおいが少なくなります。これは変化してもわからない方が多いと思いますが、このあとおりものに血が混じってくることがあります。これは着床出血と言っおりものに混ざる程度の場合から生理と同じくらいの出血が起きる場合と様々です。着床出血というのはその名の通り受精卵が子宮の壁に着床したことによって生じる出血のことです。出血が起きる期間も1日から1週間と個人差があります。その後さらさらとしたおりものに変化していきます。

超初期症状②風邪っぽい症状が現れる

妊娠超初期の症状

妊娠超初期には体がだるくなったり、頭痛が起きたり、微熱が出たりする症状が現れます。また、胃がむかむかするなどの胃腸炎に似た症状も現れる場合があります。これらの症状は見分けるのが難しいかと思いますが知っておくだけでも違うと思います。

超初期症状③基礎体温の変化に注目!

一番確信度が高いのが基礎体温による判断です。基礎体温はふつう、排卵が起きると体温が上がり、生理がくると体温が下がるというリズムを持っています。しかし、妊娠すると生理が来ないので体温が下がりません。そのため高温期が長く続くということになります。毎日基礎体温を測っている方は自分の体温グラフの確認してみてください!

妊娠超初期症状に気が付いたら・・・

妊娠がわかったらやることが盛りだくさんです!

177247557_4

妊娠超初期症状に気が付いて妊娠が分かったとしてもそこで終わりではありません。これからしっかりと妊婦生活を送っていくためにやることがたくさんあります。無理のない範囲で頑張って出産に向けて準備をしていくことが大切ですよ!

まず、妊娠初期症状に気が付いたら妊娠検査薬で調べてみます。そこで妊娠の反応が出たら、産婦人科に行ってきっちりとした検査を受けましょう。産婦人科で妊娠だと言われたら本当に妊娠しているということになります。次に、自分が赤ちゃんを産みたい病院を選びます。いろいろな産婦人科があるので家からの距離を考えて一番自分に合ったところを選んでみてください!その後病院で検査を受けて出産に向けて支度をしていきます。
妊娠がわかったら、今までの生活を一新する必要もあります。飲酒や喫煙はやめるなど、赤ちゃんのことを考えた生活をしていくことが大切です!

PR