着床痛とはどんな痛み?症状や時期についてまとめました
121views

着床痛とはどんな痛み?症状や時期についてまとめました

着床痛とはいつ頃表れる症状なのでしょうか?また、具体的にはどんな症状が表れるのでしょうか?妊娠を経験したことがある人の中には、実際に着床痛を感じた人も少なくありません。しかし、着床痛は医学的に証明されていないのも事実です。

着床痛を感じる人は少なくない!?

着床痛とはどんな症状?

着床痛とはどんな症状?

着床痛とは、その文字通り着床の際に生じる痛みのことを指します。

着床とは子宮内膜に受精卵が根を張ることで、着床によって妊娠が成立します。そのため、着床痛は妊娠超初期症状の1つとも言えるでしょう。

しかし、妊娠超初期症状ともとれる着床痛は医学的には根拠がないと言われています。

受精卵が子宮内膜に着床する際に子宮内膜の壁が傷つくことはありますが、その程度で痛みを感じることは無いそうです。そのため、着床痛がないからと言って心配する必要はありません。むしろ、着床痛を感じない人の方が多いようです。

妊娠したと思ったら生理前の症状だった、ということも珍しくありません。

実際に着床痛を感じた人によると、着床痛の痛みは生理痛の痛みに似ているようです。

下腹部にチクチクとした痛みを感じます。人によっては足の付け根に痛みを感じることもあります。また、着床痛以外にも眠気やだるさ、お腹や胸の張りがある場合には妊娠の可能性が高いと言えるでしょう。

しかし、いずれの症状も生理前の症状とよく似ています。そのため、妊娠したと思ったら生理前の症状だった、ということも珍しくありません。

受精卵が子宮内膜に着床する際、着床痛だけでなく着床出血が起こることがあります。

受精卵が子宮内膜に着床する際、着床痛だけでなく着床出血が起こることがあります。

着床出血とは着床の際に子宮内膜が少しだけ傷ついて出血することを指します。出血と言っても量は少なく、生理のように数日間出血が続くこともありません。着床痛と同じく、着床出血も症状が表れる人と表れない人がいます。

そのため、これらの症状は着床したら必ず表れるわけではないことを頭に入れておきましょう。

着床痛はいつ頃症状が表れる?

着床痛とは着床時に感じる痛みのことですが、着床とはだいたいいつ頃起こるのでしょうか?

具体的には、排卵日から約10日前後に受精卵が子宮内膜に着床すると言われています。排卵日から約10日後ですと、生理予定日の1週間前くらいの時期に当てはまります。この時期に着床痛を感じたら、もしかしたら妊娠しているかも知れません。

着床痛はいつ頃症状が表れる?

妊娠を希望している女性にとって、生理予定日の1週間前は神経質になりやすい時期でもあります。着床痛や着床出血、体のだるさや眠気などいつもとは違った症状がないか毎日細かくチェックする人も多いでしょう。

しかし、前述したように着床痛は医学的な根拠がありません。また、その他の症状も必ず起こるとは言えませんし生理前の症状によく似ています。このことから、あまり神経質になりすぎるのはおすすめできません。

妊娠しているか気になる気持ちは分かりますが、この時期はなるべくリラックスして過ごすことを心がけましょう。

妊娠検査薬で判定できる?

着床痛を感じた場合、妊娠が気になって妊娠検査薬を使用する人もいます。

これはいわゆるフライング検査と呼ばれるもので、妊娠を希望する人の多くが行っています。しかし、この時期に妊娠検査薬を使用しても正確に判定されるとは限りません。

妊娠検査薬で判定できる?

一般的な妊娠検査薬の場合、使用できるのは生理予定日の1週間後からです。この時期であればほぼ正確な判定が出るでしょう。

ただし、妊娠検査薬で陽性反応が出ても産婦人科で診断を受けるまでは妊娠したとは言い切れません。妊娠検査薬は正確性が高いことで知られていますが、子宮外妊娠などの可能性もあるため必ず産婦人科で診断を受けましょう。

PR