妊娠症状の吐き気はいつから始まるのか?つわりの原因と対処法
63views

妊娠症状の吐き気はいつから始まるのか?つわりの原因と対処法

妊娠症状の吐き気はいつから始まってどのくらい続くのか、人によって様々です。この時期の吐き気がつわりとは限りません。他の病気やトラブルの可能性も併せて考慮し、吐き気の原因と対処方法についてご紹介します。

妊娠超初期の吐き気の役割

妊娠超初期の吐き気の役割
妊娠中の吐き気はつわりと言われていますが、実際にはつわりは妊娠してから1か月半ころから始まるもので、妊娠超初期の吐き気は正確にはつわりではありません。そのためつわり初期症状と呼ばれ、本来のつわりとは区別されているのです。

妊娠が確定した直後はまだ妊娠したかどうか判断する基準がないため、吐き気は妊娠したかも知れないことを母体に知らせる一つのシグナルと言えます。それにより、妊娠超初期として様々な体調の変化を注意するきっかけともなるのです。

妊娠症状の吐き気はいつから始まりどのくらい続くのかは個人差があります。吐き気の全くないケースもあり、妊娠によって全ての人に同じ様な症状が現れるとは限らないのです。

受精卵が子宮内膜に着床して安定し妊娠が確定するまでの時期は妊娠特有のホルモンが分泌されるなど、ホルモンバランスが崩れやすい状態にあります。精神的な安定が崩れると、それがすぐに体調に影響を及ぼすため、妊娠超初期はリラックスできる環境が最も望ましいのです。

妊娠初期の吐き気の原因はつわりとは限らない

妊娠初期の吐き気の原因はつわりとは限らない
多くの妊婦が同様の症状を訴えていても、自分にも同じ症状があるとは限らないのと同時に、同じ症状が出ているからと言って、それが妊娠によるものとは限らないことも忘れてはいけません。自己判断が最も危険であるため、妊娠超初期の体のシグナルを感じ取り、尚且つ体調不良や出血が長く続く場合は、まずは医師の診断を仰ぐことが最優先です。

妊娠超初期の場合、妊娠検査薬で陰性のケースが多いため、妊娠しているかどうかを判断することができない状況にあります。妊様々な症状が現れ、医師により体の異常がないと診断されて初めて妊娠を疑うことになります。吐き気がある場合も同様で、様々な疾患の可能性を消去して最終的に妊娠の可能性に辿り着くのです。

イライラしすぎたり考えすぎる事で、かえって体調不良を悪化させる可能性がありますので、常にリラックスを心掛けることが肝要です。

妊娠初期の吐き気の原因と対処法

妊娠初期の吐き気の原因と対処法
妊娠超初期というのは、妊娠が確定していないけれども「妊娠したかも知れない」と思われる期間を言いますが、体の変化を最初に感じ取る時期でもあり、人によってはかなり辛い症状を伴うケースもあります。

意外に思われるかもしれませんが、この時期はアレルギーが出やすい時期でもあり、鼻炎を発症するケースは少なくありません。風邪に似た症状を訴える妊婦は多く、黄体ホルモンの分泌による影響や自律神経のバランスが崩れることに原因があります。

吐き気の原因は正確には分かっていませんが、妊娠すると分泌されるホルモンが嘔吐中枢に影響を及ぼすとも言われています。また、体の中で生まれた命に対し、免疫システムが体に害をなす外敵として認識し攻撃を仕掛けるためであるとも言われています。

妊娠は自律神経失調症になり易く、体温調整や発汗、呼吸、循環器など体の様々な機能に影響を及ぼします。妊娠超初期の症状が認められたなら、それは異常なことではなくいずれ収まるものとして認識し、薬を服用しないことが重要です。

ストレスをためない様に心掛け、体を温め、深呼吸をしたり楽な姿勢でゆったり過ごしたり、規則正しい生活を心掛けるなど、自律神経を整える様に工夫する事が重要です。

PR