下痢が妊娠の兆候になる理由には何があるの!?
250views

下痢が妊娠の兆候になる理由には何があるの!?

下痢が妊娠の兆候として現れる場合には、腸の働きが悪くなっています。食中毒などが原因で下痢になっていることも考えられます。また、便秘も関連していますから、妊娠超初期には下痢と便秘の両方に気をつけてください。

妊娠超初期の兆候

下痢と便秘の両方が現れる場合があります妊娠超初期の兆候として、下痢と便秘の両方が現れる場合があります。正反対の症状のようですが、排便がうまくいかないという点については一緒です。便秘の後に下痢が続いたりするようです。妊娠中の下痢と便秘で辛いのは、赤ちゃんに影響が出そうな薬が飲めないことです。気軽に下痢止めを飲んだり、便秘薬を服用することができません。ほかにも、頭痛薬や鎮痛剤など、妊娠中に飲めない薬がたくさんあります。しかし、一口に妊娠中と言っても、妊娠の時期や妊婦さんの症状によっても異なりますから、症状がひどい場合には、産婦人科の先生に相談するようにしてください。

下痢になる理由

妊娠超初期に下痢が起きる理由ですが、女性ホルモンの乱れによって自律神経の調節が上手にできなくなり、腸の働きが悪くなることによるものです。下痢だけならたいしたことがないように思われますが、腹痛と吐き気などがセットで現れるとたいへん辛いものがあります。この下痢には、「つわり」も関係していると言われています。つわりのときには、驚くぐらい食の好みが変わることがあり、めったに食べないような食品を大量に食べたりすると、下痢になることがあるようです。つわりでは、温かい食べ物より冷たい食べ物の方が食べやすいなどと言われることでも、お腹を冷やして下痢が起こりやすくなります。

便秘になる理由

十分に飲み物を飲むようにしましょう妊娠中には、子宮がどんどん大きくなって腸を圧迫しますから、それで便秘しやすくなります。また、トイレに行くのが面倒になることから、トイレに行く回数自体を我慢しがちです。トイレに行かない時間が長くなると、便は水分を吸収されて腸の中でどんどん固くなります。それで、固くなった便を無理に排出しようとして、妊娠時は痔にもなりやすいようです。これらを防ぐには、できるだけ規則正しく排便することです。水分量が少ない場合なども便が固くなりやすくなりますから、十分に飲み物を飲むようにしましょう。

妊娠中の食事

下痢や便秘を防ぐための妊娠中の食事ですが、食物繊維の豊富な野菜などを多めに食べるようにしましょう。つわりなども、妊娠超初期の食事に影響を与えると言われています。つわりで食事の量が少なくなると、便秘がちになってしまいます。また、つわりのときには、食の好みが偏ることから、ひとつの食べ物ばかりを大量に食べてしまうことがあります。こういったことも下痢や便秘を招く原因となります。ちょっと理由は違いますが、つわりが終わったときに、食べ物が美味しく感じられて食べすぎる妊婦さんがいるようです。下痢や便秘に見舞われているときは、食べる量を考えるようにしてください。

食中毒の恐れ

免疫力が下っている妊婦さんは、食中毒にかかる確率が高くなるということです。食中毒による下痢もあるようです。食中毒にかかると、お母さんだけでなく、赤ちゃんに影響が出ます。特に、食中毒にかかりやすい梅雨以降に妊娠が差しかかっている場合は要注意でしょう。通常の季節よりも、食中毒にかかりやすくなります。食中毒を避けるためには、食べ物に気をつけるのはもちろんですが、キッチンの衛生状態などにも気を配ることです。つわりなどで体調が良くないときに、キッチンをキレイに掃除するのは難しいと思いますから、食べ物の調理法などを考えましょう。

産婦人科医に相談

産婦人科医の診断を受けましょう妊娠中は、ドラッグストアなどで気軽に薬を購入することができなくなりますが、産婦人科医の診断を受けながらの服用なら大丈夫でしょう。便秘や下痢が妊娠の兆候として現れている場合には、薬を処方してもらえるかもしれません。特に、食中毒などにかかっている場合は、薬の心配より先に症状を抑える必要があります。赤ちゃんへの影響も心配になります。妊娠中に薬を飲むことについては、産婦人科の先生の中にもいろんな考え方の先生がいらっしゃいますから、よく話し合うようにしてください。

PR