妊娠超初期の頭痛はなぜ起こる?妊娠超初期の頭痛の原因と対処法
114views

妊娠超初期の頭痛はなぜ起こる?妊娠超初期の頭痛の原因と対処法

赤ちゃんを望んでいる方は、妊娠超初期の症状について気になりますよね。妊娠超初期症状の中に、頭痛があります。妊娠超初期の頭痛でつらい思いをされた妊婦さんも多くいらっしゃいます。これからママになる方へ妊娠超初期の頭痛の原因や対処法についてご紹介しましょう。

妊娠超初期の頭痛の原因と対処法

妊娠超初期の頭痛はどのような痛さなのでしょうか?もしかしてこれが妊娠超初期の頭痛かも?と思われている方がいらっしゃるかもしれませんね。風邪の頭痛とどのように見分ければ良いのかをみてみましょう。

妊娠超初期の頭痛は風邪の頭痛とどう見分ける?

妊娠超初期の頭痛の症状

なんだか頭痛がするなという方、これは風邪の頭痛なの?それとも妊娠超初期の頭痛なの?と悩まれるかもしれません。
風邪の場合はウイルスが原因となって、鼻水やくしゃみ、頭痛などを引き起こしますが、妊娠超初期の頭痛は、女性ホルモンの1つである黄体ホルモンが原因となって起こります。風邪の頭痛の場合は、鼻水やくしゃみなどが伴って現れることが多いですが、妊娠超初期の場合は、頭痛とあわせて、乳房が張ったり、生理が遅れたり、味覚が変わったりします。そのような妊娠超初期の症状が合わせて出れば、頭痛も妊娠超初期のものと思って良いでしょう。妊娠超初期の頭痛は、ズキンズキンと痛みを感じる偏頭痛のような形であらわれます。また、つわりとともに頭痛の症状が出る方もいるようです。

妊娠超初期の頭痛が起こる原因は?

妊娠超初期の頭痛の原因

妊娠超初期の頭痛が起こる原因は何かというと、妊娠をすると体内で分泌がさかんになる黄体ホルモンです。黄体ホルモンは、女性が妊娠を保つために必要なホルモンで、妊娠初期のころは大量に分泌されます。このホルモンの影響で頭痛の症状がでたり、微熱を感じたり、体がだるく感じたりするのです。黄体ホルモンの分泌によって、様々な症状が現れるため、体がそれらの症状についていかなくなり不調を感じるようになります。
妊娠超初期の頭痛は、妊娠16週ころまで続くことがあります。胎盤が機能し始める妊娠16週を超えると、だんだんと頭痛が軽減されるようになります。

妊娠超初期の頭痛はどのように対処する?

妊娠超初期の頭痛の対処

妊娠超初期の頭痛はどのように対処すれば良いのでしょうか?妊娠超初期の頭痛の対処法は、いくつかあるので、それらをご紹介しましょう。

【薄暗くして横になる】
偏頭痛がする場合は、立って動いたり、歩き回っていると痛みが増してつらくなります。ズキンズキンというような偏頭痛でつらい場合は、座ったり、横になったりして休むことが大切です。横になって休むときには、部屋の明るさを薄暗くしておきましょう。少しの時間休むことで血管の収縮がなくなって楽になります。

【冷やしたタオルをあてる】
ズキンズキンというような偏頭痛の場合は、冷やしたタオルを頭にあてることによって、痛みを軽減することができます。頭を冷やすことによって血管の収縮が早まるので、アイスノンや保冷剤などをタオルにまいて、患部にあてて横になってみましょう。

【肩こりを伴う場合はあたためる】
偏頭痛の場合は温めるとさらに痛みが増してしまいますが、肩こりからくる頭痛であれば温めることによって血行が良くなり痛みが軽減できます。冷やしても頭痛がおさまらないと感じたら、あたためてみましょう。肩こりと首こりがひどい場合は、最初からあたためることをおすすめします。

【薬の服用を考える】
妊娠中でも飲むことができる薬があるため、産婦人科の医師に漢方薬などを処方してもらうとよいでしょう。妊娠の可能性があるため、自己判断で市販の薬を使うことはやめておきましょう。

PR