妊娠超初期の茶色いおりものは血が酸化した色だった!
333views

妊娠超初期の茶色いおりものは血が酸化した色だった!

妊娠超初期の茶色いおりものを実際に目にすると、お腹の中の赤ちゃんは大丈夫なのかと心配になるのではないでしょうか。妊娠超初期の茶色いおりものは受精卵が子宮に着床したときの出血の可能性や、毛細血管から血が出た可能性がありますが、全く心配はありません。

妊娠超初期の茶色いおりものの正体とは?

何故妊娠中なのに血が出るの?

何故妊娠中なのに血が出るの?

妊娠超初期の茶色いおりものを初めて目にして、生理がこれから始まるの?もしかして子宮のトラブルなの?と心配になるのではないでしょうか。

妊娠超初期のこの時期は、まだ妊娠検査薬の反応もない時期であるため、妊娠しているかどうかさえ分からないこともあるので、余計に茶色いおりものは不安感を誘ってしまうのではないでしょうか?

実はこの茶色いおりものの正体は、身体の中に溜まっていた古い血液が酸化したものなのです。古い老廃物として、おりものに混じって体外へ排出されただけなのです。他にも受精卵が子宮に着床した際の、着床出血の可能性も考えられます。

いずれにしても茶色いおりものはさほど心配する必要はないでしょう。

ところで妊娠超初期っていつのことなの?

妊娠超初期というのは一体いつのことを指すのでしょうか。性交があった日でもなく、受精した日でもありません。

排卵日に排卵があって、その前後に性交があると、精子が卵子がいる卵管部分に入り、結びつくことによって受精卵となります。受精卵は卵管を通り子宮の中に着床するまでは、およそ1週間ほどかかるのです。

受精卵はその間細胞を分裂させながら、大きくなっていきます。妊娠という時点は、厳密には、受精卵が子宮内に着床した瞬間のことを指します。最後の生理が来た日を妊娠0週だと考えると、その日から2週間ぐらいで排卵があります。

排卵があった日を妊娠2週目と考えます。精子と卵子が結びついた日が受精日となり、子宮にたどりつくまでに1週間ほどかかるので、着床日である妊娠超初期とは、妊娠3週目ということになります。つまり妊娠超初期というのは、妊娠3週目からのことを指します。

着床時の出血が茶色のおりものの正体かもしれません。

ある人もいればない人もいます。

おりものの正体着床時の出血はすべての妊婦に起こるわけではありません。ある人もいれば、ない人もいます。そのため茶色いおりものの正体はすべて着床時の出血というわけではないのです。

前回の古い生理の血がたまたま身体の中に残っており、それがおりものと混じり体外へ排出された可能性もあれば、受精卵が卵管を通っていくときに、卵管の毛細血管が切れてしまい、出血し、それがおりものと一緒に体外へ排出された可能性も考えられます。

妊娠三週目は、妊娠検査薬での反応が5割で出る!

妊娠三週目は妊娠検査薬での反応が5割で出る!

生理予定日が過ぎたのに、なかなか生理が来ない!もしかしたら妊娠しているのかもと、妊娠三週目の時期に感じ始める方もいるでしょう。この時期はまだ妊娠検査薬の反応は早すぎるとされますが、およそ5割の確率で判定が出るようです。また茶色いおりものはこの時期に出てくる傾向があります。

痛みがあれば病院へ行きましょう

妊娠超初期の茶色いおりものはおりものの変化があるだけで、ほとんど痛みを感じることはありません。しかし痛みを感じるようであれば、すぐに病院を受診しましょう。子宮の中で何かトラブルがあった可能性が高いでしょう。

普段から基礎体温をつけていると気が付きやすい!

なかなか茶色いおりものを見るだけでは、妊娠しているということに気がつかない場合もあるのではないでしょうか。そこで、普段から基礎体温をつけておくと、自分の体調の変化にいち早く気が付き、茶色いおりものと、体温の変化を見て、妊娠に早く気がつくことができます。

PR