高齢出産の流産率は40歳を過ぎると40パーセントまで引き上がる!?
213views

高齢出産の流産率は40歳を過ぎると40パーセントまで引き上がる!?

高齢出産の流産率は年齢が上がるごとに高くなります。そのため出来ることならば35歳までには、妊娠、出産を行うのが理想でしょう。高齢出産になると妊娠力が低下し、さらに流産率が高くなり、ダウン症児にリスクも高まります。

高齢出産の流産率は40歳では40パーセント

高齢出産とは

高齢出産の流産率

高齢出産は35歳以上の出産のことを指します。加齢が進むと、妊娠しにくくなったり、流産のリスクが高まるとか、ダウン症児が生まれやすいと言われています。流産の原因は染色体の異常であると言われています。若い年代であれば染色体の異常率も少なく、健康な赤ちゃんを産む可能性が高まりますが、高齢だと、先天異常の赤ちゃんが生まれやすいと言われています。

気がかりなダウン症児の確率

高齢出産でのダウン症の確率

高齢妊婦の場合、卵子の老化によって、流産しやすくなったり、またダウン症児が生まれる確率が高くなると言われています。また配偶者の精子も高齢である場合はさらに染色体の異常発生率は高まります。ちなみに20歳の場合だと、ダウン症児の発生率は1667分の1で、30歳の場合だと952分の1、35歳では385分の1、40歳では106分の1、45歳では30分の1の確率になります。

年齢別の流産発生率は?

25歳で妊娠した場合は10%、30歳は10%、35歳は25%、40歳は40%、45歳は50%と、年齢が上がるにつれて流産率が上がります。

年齢別の妊娠率は?

25歳では25%~30%、30歳では25%から30%です。40歳では5%、45歳では1%の妊娠率です。高齢になるほど、妊娠できるのが奇跡とも言えます。特に40歳から45歳にかけてはとても低い確率なので、35歳までには妊娠、出産を行うのが理想ではないでしょうか。

高齢出産が難しい理由とは

卵子も年をとります

高齢出産が難しい理由は、卵子も年をとってしまうからです。女性の場合、妊娠できる力は25歳から30歳が一番ピークの時で、37歳を過ぎた途端に妊娠できる力が急低下し、45歳では1%、そしてゼロに近づきます。しかし妊娠出来た時の流産の可能性は45歳では50%であるため、高齢でも妊娠することができれば半分の可能性で出産まで辿りつくことができるのです。無事出産できたとしても、45歳の場合だとダウン症児の発生リスクが30分の1という高い確率なので、できれば若い年代で妊娠出産をした方がよいと言えます。

赤ちゃんが何故染色体異常になってしまうのか?

赤ちゃんが染色体異常になってしまう理由

高齢出産の流産率が上がる理由として、もう一つあげられるのは、うまく細胞分裂を行うことができないため、赤ちゃんが染色体異常になってしまうことです。高齢出産の場合、パパの精子とママの卵子も年を取っているため、減数分裂がうまく出来ずに、異常な染色体を持った精子と卵子が結びついてしまう可能性があります。そのため、せっかく受精卵が子宮内に着床しても、もともと異常を持っている染色体であるため、妊娠初期の段階で自然流産してしまうのです。そのため、高齢出産の流産率が上がるのです。逆に考えると、妊娠初期で自然流産しなければ、染色体は正常だったとも考えられます。

高齢出産のメリットもあります

高齢出産のメリット

高齢出産のデメリットばかりをご紹介しましたが、実はメリットもあります。それは子宮がんのリスクが減るというものです。また、長寿女性のほとんどが、40歳以上の高齢出産をされた方ばかりだったのです。妊娠や出産、授乳を通して、女性ホルモンの働きが活発になるので、年齢よりも若々しい肌や髪を手に入れることができるのが高齢出産のメリットかもしれません。現在では晩婚化が進み、女性の高齢出産もさほど珍しいことではありません。確かにリスクは伴いますが、医学も進歩しているので、いろいろなバックアップを受け、無事に出産されている方も大勢いるので、気持ちを大きく持つことが大切ではないでしょうか。

PR