「妊婦は寿司を食べてはいけない」は嘘!?正しく知ろう、魚のこと
164views

「妊婦は寿司を食べてはいけない」は嘘!?正しく知ろう、魚のこと

"妊婦は寿司を食べないほうがいいと言わるのはどうして?本当なの? 実は、昔、教科書で習ったあの「食物連鎖」が関係しているのだそうです。 妊婦になったら魚介類のことを正しく知って、魚のメリットを受けられるような食生活を送りたいもの。 赤ちゃんを守るためにできるおすすめの食生活も提案します。"

大前提「魚介類は妊娠と出産に欠かせない食材」

妊婦は寿司を食べてはいけないの真偽

「妊婦は寿司を食べないほうがいい」って聞いたことありますか?
初めて聞いたときにはけっこう衝撃的でした。
妊婦になると、野菜の農薬が気になったり、お肉の産地が気になったり、食べ物にとても気を使うものです。その上、魚も!っと驚きました。
でも実はこれ、どうやら誤解して伝わっていることも多いようなんです。
赤ちゃんを守るためには正しい知識が必要です。さっそく、リサーチ!

魚介類には健康に欠かせないさまざまな栄養素や、サプリメントでも有名なEPAやDHA等が多く含まれていることは魚嫌いな方でもご存知でしょう。
そう、本来魚介類は妊娠と出産には不可欠なものなのです。
「魚はカラダにいい」と育ってきた人、決して間違っていませんのでご安心を。
では、なにが「妊婦は寿司を食べないほうがいい」と言わせているのでしょうか?

知っておきたい「食中毒と水銀と妊婦さんの関係」

食中毒と水銀と妊婦の関係

そう言われる訳は、魚に蓄積される水銀や、リステリアによる食中毒のようです。
リステリア食中毒は、冷蔵庫に長期保存されて加熱せずにそのまま食すものが原因となることがあるそうで、厚生労働省から妊婦に対して注意情報が出ています。
胎盤や胎児へリステリア感染して、流産や生まれた新生児に影響がでることもあるからです。
では、魚に蓄積される水銀とは何なのでしょう。

寿司を食べないほうがいいと言われるのはなぜ?

妊婦は寿司を食べてはいけないといわれる由来

魚介類は、食物連鎖のうちに自然界の水銀をカラダにためてしまうそうです。
だから「一部の」魚介類は、他より水銀濃度が高いものもあるそうです。
この水銀濃度の高めの魚介類ばかりを、極端にたくさん食べるかたよった食事によっては、胎児に影響を与える可能性が指摘されています。
このため、厚生労働省から平成15年に「魚介類に含まれる水銀の摂取に関する注意事項」が公表されました。
その後国際基準の見直しもあり、平成17年と平成22年に注意事項の見直しもされています。どうもこのあたりから「妊婦は寿司を食べないほうがいい」ということが広まったように思います。

寿司ということは生食がだめなの?

小さい魚が大きい魚に食べられる関係を食物連鎖というので、一般的には小さい魚より大きい魚のほうが水銀を多く蓄積する可能性が高いです。
注意が必要とされた魚も主に大きな魚で、その中にはもちろん寿司ネタに登場するものもあることは確かです。
だからといって生食がだめということではありません。
妊婦さんだけは、おなかの赤ちゃんのためにちょっとだけ食べる魚の種類と、量に注意が必要なのです。

赤ちゃんにどんな影響があるの?

音を聞いた場合の反応が1/1,000秒以下のレベルで遅れるなど、将来の社会生活に支障があるようなものではありません。
この影響は、注意したほうがいい魚を、とても多く食べ続けていた場合によります。
それでも心配なのが妊婦さんというもの。
では、おなかの赤ちゃんに影響を与えないように栄養ある魚を上手に食べるにはどうしたらいいでしょう。

食べ方に少し注意が必要ということを正しく知ろう

食べる魚の一人前80g(刺身なら一人前、切り身なら一切れが約80g)に含まれる水銀量を知って、一週間を目安に調整する、つまり水銀量が高い魚介類を偏って多量に食べることを避ければいいのです。
難しく考えなくて大丈夫。ある週に食べ過ぎたら、翌週に控える、お酒やダイエットとの付き合い方と同じです。
寿司、鉄火丼などで一回に食べる量が多くなりがちなマグロを例にとると、クロマグロ、ミナミマグロ、メバチは摂食量を超えないように注意が必要ですが、キハダ、ビンナガ、メジマグロ、ツナ缶詰については、水銀量が低いことが分かっています。
上手にチョイスして、メリットも多い魚を食べないなんてことにならないようにしましょう。

少量多品目メニューのすすめ

偏って多量に摂取するというのはいけないことが分かりました。だからと言って魚を食べないなんてもっと偏ります。
やはり何事もバランスが大事、ただし、妊婦さんは一定の注意が必要だというだけのこと。
現実問題、水銀量を考えて食事するのはなかなか難しいような気がします。
それよりは投資のようなリスク分散をイメージして、「少量ずつ多品目を食べる」というのがやはりどんな時も食生活には良さそうに感じましたが、いかがでしょうか?

さまざまな情報があって混乱する方には

妊娠中の正しい食事のとり方
ちなみに妊婦以外の大人や、子どもは水銀の注意の対象外なので心配ありませんし、妊娠に気付いてから気をつければ、体外に排泄されるものなので、過度に心配する必要はありません。
また、母乳をあげているお母さんも心配でしょうが、母乳を介して乳児が摂取する水銀量は低いことが分かっています。
ネットには様々な情報があって、妊婦さんはよけい混乱するものです。
厚生労働省のペームページに「これからママになるあなたへお魚について知っておいてほしいこと」のパンフレットが掲載されているので、そちらで詳細を確認されることをおすすめします。
赤ちゃんが生まれると、なかなかゆっくりカウンター寿司に行けないのが現実なので、この情報を活用して、妊婦の間に上手にお寿司も楽しんで。

PR