妊娠のほてりはホルモンバランスの変化によるものです。
400views

妊娠のほてりはホルモンバランスの変化によるものです。

妊娠のほてりの原因は妊娠したことによって身体の中ではホルモンのバランスが崩れてしまい、体温が高温な状態が続きます。暑いからと言って、冷たい飲み物や食べ物を食べ過ぎると、子宮が冷えてしまうので胎児にも悪影響がありますので、注意が必要です。

妊娠のほてりはホルモンが関係していました!

妊娠のほてりの原因とは!?

妊娠のほてりの原因

妊娠のほてりの原因は、黄体ホルモンの分泌量が増えるため、非妊娠時に比べて体温が高くなってしまうのが原因です。夏の暑い時期だけではなく、秋から冬にかけての寒い時期も、身体の一部だけ暑く感じてしまうことがあります。

お腹周りや下半身は冷え対策を万全に!

02e705eda7b40ff46340c9b43c71226a_s

妊娠のほてりは上半身のみ感じる傾向があります。額から汗が出てきて、身体はなんとなく暑く感じていても、下半身やお腹周りの脂肪が冷たい場合もあります。皮下脂肪はじっとしていると、熱を発することはなく、冷たくなる傾向があるため、上半身は暑く感じていても、必ずお腹周りと下半身は温かくしておきましょう。

お腹が冷えると胎児にこんな悪影響が!

お腹の冷えは、お腹にいる赤ちゃんに別に影響はないんじゃないの?と思う方もいるかもしれません。確かに子宮の中は温かい羊水で満たされており、お腹周りには分厚い脂肪で囲まれているので、お腹が多少冷えたぐらい、赤ちゃんにあまり影響がないのではと思いがちです。実は、お腹の冷えは赤ちゃんにも悪影響があるのです。まず母体が冷えていると、血流の流れが悪くなるため、胎児に栄養分を送るのが難しくなります。そのため、胎児の成長が遅れ、切迫流産や、早産になってしまうリスクもあるのです。また子宮が冷えると、胎児は温かい場所を求め、なんと逆子になりやすくなる傾向があるのです。

下半身の冷えはママにも悪影響があるのです!

上半身は暑さを感じるほどほてるのにも関わらず、下半身のみが冷えていると、母体にも影響が出てきます。つわりがひどくなったり、お腹が張りやすくなります。また腰痛や便秘、足がむくむなどの症状が出てくるのです。汗が出るほど、身体の上半分だけ暑さを感じているので、当の本人は、下半身が冷えていることに気がつかないケースもあるので注意が必要です。

上半身はほてり、下半身は冷え!こんな時どうしたら?

上半身は涼しく、下半身は温かい格好を!

上半身は涼しく下半身は温かい格好

上半身はほてりを感じているのにも関わらず、下半身は身体が冷えた状態というアンバランスだと、どうしたらいいのか困るのではないでしょうか。そこで、上半身のほてりをとるためには、首元や胸元の開いたブラウスなどを着用するとよいでしょう。首や胸元が開いていると、上半身に溜まった熱を外に排出してくれます。逆に襟元が詰まったシャツは熱がこもりやすいため、余計に暑く感じてしまいます。下半身はおなかの中の赤ちゃんを守るためにも、完全防衛しておく必要があります。腹巻や靴下、スパッツなどを身につけると、お腹や下半身の冷えを防ぐことができます。

高血圧症の可能性も考えられます

ほてりがなかなかおさまらないときは、高血圧症の可能性も考えられます。順調に妊娠経過が良好に進んでいっても、妊娠後期になるとある日突然、血圧が上がってしまう、妊娠高血圧症になってしまうこともあります。

妊娠高血圧症を防ぐには初期からが大切

一度、妊娠高血圧症になると、なかなか血圧が下がらないという事態になりがちです。そのまま分娩時まで血圧が上がると、出産時に母体が危なくなってしまうこともあります。高血圧症を防ぐ方法は、妊娠中の食生活と塩分コントロールをすることです。妊娠初期の段階で、バランスのよい食事と、塩分を必要以上に摂取しないように気を配る必要があります。

PR