早産や流産の可能性も・・・妊娠で寒気がする原因と治し方
159views

早産や流産の可能性も・・・妊娠で寒気がする原因と治し方

妊娠中に寒気を感じることがありますが、「あれ?風邪ひいちゃったかな」って、妊婦さんなら焦りますよね。妊娠で寒気がするのにはいくつか原因があります。こちらでは寒気がする原因と簡単にできる改善法をご紹介しますので、ぜひ取り入れてみてください。

妊娠中に寒気を感じるという妊婦さんはけっこういます

妊娠中に寒気を感じるという妊婦さんはけっこういます。決して珍しいことではありませんが、いきなり寒気がしたら「風邪でも引いちゃったのかな?」と焦りますよね。

妊娠で寒気がするのにはいくつか原因があります。それほど深刻でない場合がほとんどですが、悪化すれば危険を伴うこともあるので、侮ることはできません。どんな理由があるのか、以下で見ていきましょう。

妊娠中に感じる寒気の原因

高温期のせい

妊娠中に感じる寒気の原因

女性の生理周期には低温期と高温期があります。低温期の最も体温の低い日から翌日少し体温が上がった日が排卵日になり、そこから高温期に入っていきます。排卵日に精子と卵子が出会って受精卵となり着床すれば翌月は生理がこないので、生理予定日が過ぎても高温期がずっと続きます。

この高温期には、平均体温より0.3度から1度くらい高くなるので、まるで微熱のような状態になり、外へ出た時にゾクっと寒気を感じてしまうのです。

赤ちゃんから熱をもらうことも

赤ちゃん自身が熱を発して、それがママに伝わり、「熱っぽいな、何だか寒気がするかも」と感じることがあります。これも上記と同じ理由で、身体が熱っぽくて実際に体温も高いと外気温と差が出るので、寒気を感じることがあります。

貧血かもしれない

妊娠中期から後期にかけて寒気を感じる時には貧血が原因かもしれません。妊娠中は血液量が増加しますが、赤血球の中にあるヘモグロビンはあまり増えないので、血液が薄まった状態になり、それが貧血を引き起こします。
この貧血っぽくなっている時に寒気を感じることがありますので、いわゆる生理現象の一つと言っていいでしょう。また、貧血が原因で寒気がしている時には、めまいや立ちくらみ、冷えや疲れも感じることがあります。

冷えから低体温になっているのかもしれない

寒気を放っておいたせいで、身体が冷えてしまい低体温になっている可能性があります。
そうすると子宮も冷えるので赤ちゃんがお腹の中にいられなくなり早産や流産になることがあります。赤ちゃんが体温の高い方を向うとして逆子になることもあるので、帝王切開や難産になる可能性もあり、危険です。

妊娠中の寒気を無くす方法は?

湯船に浸かる

夏に妊娠後期を迎えている妊婦さんは、入浴はシャワーで済ませたいと思うかもしれませんが、そこはちょっと我慢。ゆっくり湯船につかって身体の芯までしっかり温めた方が良いでしょう。疲れも取れるので貧血対策にもなり、一石二鳥です。

下着を一枚多めに着る

外出する時は、いつもより一枚多めに下着を着ましょう。肌着やタイツ、靴下やストールもオススメです。カイロも有効なので、冬場の特に寒さが厳しい時期には惜しみなく使った方が良いかもしれません。

食事を見直そう

食事の内容を見直すことも大切です。

食事の内容を見直すことも大切です。貧血には鉄分不足が考えられますので、ひじきやレバー、大豆やきくらげ、海苔やごまなどを取り入れた和食中心のメニューに変えてみてください。

身体を温める食べ物は土の中から採れる大根やごぼう、にんじんなど根菜類です。生姜もオススメなので、お味噌汁にして少量の生姜を入れてみてください。基礎代謝がアップしたり脂肪の燃焼を助けてくれるので、身体を温めながら体重の増加も防げます。

PR