妊婦の伸びは、おなかの赤ちゃんに悪い影響があるの?
24,210views

妊婦の伸びは、おなかの赤ちゃんに悪い影響があるの?

妊婦の伸びは、してはいけないことだと周りの人から言われることがあるようですが、背伸びや布団の中で伸びることは、すべて妊婦にはいけないことなのでしょうか?また、妊婦の伸びがいけないという医学的な根拠はあるのでしょうか?

妊婦の伸びは、してはいけないことだって本当?

妊婦の伸びがいけないと言われるようになった理由。

妊婦の伸び

妊娠をしてお腹が大きくなって、周りの人にも妊婦であることがわかるようになると、様々な人が親切心から色々なアドバイスをくれるようになるものです。その中には、医学的根拠のあるものもあれば、単なる言い伝えや迷信であるものもあるでしょう。

そんな、周りの人からのアドバイスの一つとして時々耳にするのが、「妊婦の伸びはいけない」というものですが、本当に医学的な見地からも妊婦の伸びはいけないとされているのでしょうか?

答えはノーです。妊婦の伸びがいけないことであれば、マタニティースイミングや、マタニティヨガなども、医学的見地から、してはいけないこととされるでしょう。

c9af1ce5b9a36cd830113537d1e4a53f_s ベッド 寝起きの女性 伸び 深呼吸

ただし、一口に伸びと言っても色々な伸び方があって、背伸びもあれば、布団の中で寝起きに身体を伸ばすような伸びもあります。

一般的に妊婦の伸びがいけないと言われてきたのは、背伸びのことであり、これは医学的な見地からではなく、お腹が大きく重たくなっている妊婦は、背伸びをするとバランスを崩しやすいため、リスクを避けるために背伸びはやめたほうがいいですよ、ということから言われていることで、経験からくる先人の教えのようなもののようです。

伸びをしないようにさせるために、伸びをするとお腹の中でへその緒がからまる、胎盤がはがれやすくなるなどと言われることがあるようですが、そのような医学的根拠はありません。とはいうものの、布団の中の伸びはいいですが、背伸びをするのは、確かにバランスを崩しかねないことから、控えた方がいいかもしれません。

妊婦でも、ある程度の運動は必要。

a34d467a8d441233dec6a07aa6b20e16_s 妊娠 妊婦 ストレッチ

妊婦になるとおなかの赤ちゃんを大切にしたいと思うあまり、身体が縮こまってしまいがちですから、むしろ無理のない程度に身体を動かしたり伸ばしたりすることも大切です。

ただ、妊娠中期から後期になると、朝、寝起きに伸びをしただけで足がつるという人も多いようですし、お腹がつっぱるように感じる人もいるようですから、あくまでも自分の体調を見極めながら、とにかく無理をしない程度に行うようにしたいものです。

また、心配であれば、一番体調をわかってくれている主治医の先生に相談してみてから、行うようにするといいでしょう。

赤ちゃんに大切なのは、母がリラックスしていること。

心配し過ぎは禁物。

965fdab804d7e774145f7a11b1fecdf8_s 妊娠 妊婦 笑顔

特に初めての妊娠の時には、母になる喜びを感じると同時に、今までに経験したことのない体調の変化を感じるなど、すべてがわからないことだらけで、不安になってしまうことも多いでしょう。
いろいろな人のアドバイスを聞いたり、自分で妊娠・出産に関する情報を集めて、少しでも赤ちゃんによくない可能性のあることはしたくないと考えるのは、母として当然の心の動きですから、それまでに自分が知らずにしていたことが、後になって実は妊婦としてはあまりよくないことだったと知って、心配に駆られることもあるかもしれません。

しかし、そのことで体調に変化がなかったのであれば、むやみに心配する必要はありません。お母さんが心配ばかりしていて、精神状態がよくないと、おなかの赤ちゃんに良い影響はありません。

小さなことをくよくよと悩んだりせず、心も身体もリラックスした状態で妊婦期間を過ごすことが、母体にもおなかの赤ちゃんにも一番いいことなのです。

PR