妊娠検査薬はコンビニでも買うことができる?
19,511views

妊娠検査薬はコンビニでも買うことができる?

妊娠検査薬はコンビニでは買うことができないものと思っていませんか?結論から言うと、薬事法の定めでは、妊娠検査薬はコンビニでも買うことができます。ただし、コンビニに限らず、医薬品の販売を行うことができるのは、登録販売者がいる場合に限られているため、どこのコンビニにでも置いてあるわけではありません。

薬が置いてあるコンビニと置いてないコンビニの違い

医薬品の種類と販売法

コンビニの医薬品の種類と販売法

一口に医薬品と言っても、薬事法により薬はいくつかの種類に分けられ、その販売法が定められています。

まず、大きな分類として「医療用医薬品」と「一般用医薬品」の二つに分けられており、「医療用医薬品」は、医師の診断に基づいて、薬剤師によって処方される薬とされ、一方で「一般用医薬品」は、ドラッグストアなどで買うことができる薬とされています。

さらに、いわゆる市販薬である「一般用医薬品」は、「第一類医薬品」「第二類医薬品」「第三類医薬品」に分けられており、この種別は薬の外箱にも明示されています。
これらの販売方法もすべて同じというわけではなく、「第一類医薬品」は薬剤師の説明を受けた場合に限り、購入することが可能とされ、薬局の店頭でも一般客が手に取ることができる陳列棚には置かれておらず、薬剤師の管理の下にあります。

それに対して「第二類医薬品」「第三類医薬品」は薬剤師だけではなく、登録販売者の資格を持つ人がいる店舗では販売できることになっており、コンビニでも登録販売業者がいる店舗では販売することが可能です。

妊娠検査薬はコンビニに置いてあることは少ない

妊娠検査薬はコンビニに置いてあることは少ない

妊娠検査薬は数種類ありますが、生理予定日から判断することができるのは「チェックワン ファスト」のみで、妊娠検査薬の中でどれよりも早く診断が可能ですが、「医療用体外診断用医薬品」に分類されているため、薬局での取り扱いのみとなり、薬剤師の説明を受けた上で初めて購入可能となるもので、どこのドラッグストアでも買えるわけではありません。

それ以外の妊娠検査薬は、妊娠判定が可能になるまでには、生理予定日の一週間後まで待たねばなりませんが、「第二類医薬品」に分類されているため、ドラッグストアでも、コンビニエンスストアでも、登録販売者を置いて医薬品の販売をしていれば、購入することが可能です。

ただし、登録販売者というのは、資格取得のために、試験に合格し、さらに、一般医薬品販売の実務経験も必要であることから、登録販売者を置いて医薬品の販売をしているコンビニエンスストアは、決して多くなく、妊娠検査薬はコンビニで買うことは難しいというのが実情です。

妊娠検査薬の購入はドラッグストアや通販がおすすめ

ほとんどのドラッグストアで購入可能

妊娠検査薬を購入したいときは、コンビニを探すよりも、ドラッグストアに行く方が簡単に見つけて購入することができるでしょう。仕事などで忙しく、なかなか日中に買い物に出ることが難しいという場合でも、最近は夜遅くまでオープンしているドラッグストアも増えているようです。

通販なら、抵抗感なく買うことができる

妊娠検査薬の購入はドラッグストアや通販がおすすめ

第二類医薬品い分類される妊娠検査薬であれば、通販でも購入することができます。

妊娠検査薬は、店頭ではコンドームなどの近くに置いてあることも多く、また店員と顔を合わせて購入しなければならないのは、ちょっと抵抗を感じるという人もいることでしょう。でも、通販であれば商品は梱包されて届きますから、抵抗感なく購入することができるはずです。

最近では、医薬品を取り扱うネットショップも増えていますから、価格や送料などを比較して購入し、届くのを待てばいいわけです。妊娠検査薬は、手軽に買うことのできるものですが、使用上の注意をよく読んで、間違いのない使い方をするようにしましょう。

PR