風邪を引いてしまった!妊娠中に葛根湯は飲んでも大丈夫って本当なの?
86views

風邪を引いてしまった!妊娠中に葛根湯は飲んでも大丈夫って本当なの?

妊娠中の体調不良って本当にツライですよね。普段なら簡単に市販薬を飲んでいいところでもダメですもんね。でも妊娠中に葛根湯なら飲んでも大丈夫って聞きませんか?一体どういうことなんでしょうか?本当に葛根湯なら飲んでもいいのかなどもチェックしていきます!

妊娠中に風邪を引くとツライですよね。でも普段のようには薬が飲めないですよね。そんなときの救世主が「葛根湯」って思っていませんか?

確かに産婦人科で妊婦さんの風邪に処方されることの多いものですが、本当に大丈夫なんでしょうか?しっかりチェックしていきましょう!!

妊娠中に葛根湯は大丈夫?

妊娠中に葛根湯

「葛根湯は妊婦でも大丈夫」といった話をよく耳にしますよね。確かに風邪などを引いたときに産婦人科でも妊婦さんに処方される薬として”葛根湯”はよく使われています。

でもここで注意をしなくてはいけないのは、同じ葛根湯でもメーカーによって入っている成分が違っていたりすることもあるのです。ですのでたとえば「友人が葛根湯を病院で処方されてるから」と自分は”市販”の葛根湯を買ってくる。これ、同じなのでしょうか?ということなのです。

そして薬の成分もそうですが、体質も人それぞれ違ってきます。特に妊婦期というのは普段だったら大丈夫なものがダメになってしまうこともよくあります。ですので安易に大丈夫だからといって市販薬に頼るのはやめておいたほうがいいですよ。
もし体調が優れないときはかかりつけの産婦人科にかかり体調が優れないことをいうか、もしくは内科を受診して「妊娠中」ということをハッキリつたえ、身体にあった薬を処方していただくことがいいでしょう。

では葛根湯について成分や効能、そして葛根湯を飲むときのポイントをこれからチェックしていきたいと思います!

葛根湯ってどんな薬なの?

葛根湯とはどのような薬か

まず葛根湯は「漢方薬」。その成分は名前の通り”葛根(かっこん)”が主成分となっています。他にも”桂皮(けいひ)、麻黄(まおう)、芍薬(しゃくやく)、大棗(たいそう)、甘草(かんぞう)、生姜(しょうきょう)”などの生薬がブレンドされているものなんだそうです。

葛根湯、その効能は?

葛根湯は強い”発汗作用”や”発熱作用”があるので「寒気」「頭痛」「鼻水」「鼻づまり」そして「筋肉痛」など痛みによく効くそうです。それに対し、高熱がすでに出てしまっていたり、喉の痛みがあるものや、咳といった症状には向いていないとのことです。

葛根湯を飲むタイミングってあるの?

必ずお水、できれば”白湯”で飲むようにしてください。そしてふつう薬は「食後」が一般的ですが、食間などの空腹時に飲むのがオススメ。その方が成分がより吸収しやすくなるんだそうですよ。

<白湯の作り方>
鍋ややかんに水をいれ、”ふたをしないで”火にかけて沸かします。これは蒸気とともに不純物を飛ばすことが目的です。そしてそのまま自然に冷やし、できれば一肌程度のものを使って葛根湯を飲みます。

葛根湯は”引きはじめ”に飲むべし!

妊娠中に葛根湯を飲むタイミング

ついつい薬を飲むのって症状が出て、しんどくなってしまってから飲みますよね。でも葛根湯を飲む場合はそのタイミングでは遅いのです!必ず症状が出始め、「このままだとしんどくなりそう。」といったタイミングで飲むのがいいそうですよ。

このように普段の薬とはちょっと飲み方が違ったりするので、チェックして飲むようにしてくださいね。せっかく飲むのですから最大限の効き目があった方がいいですもんね!

妊婦期というのは風邪ひとつにしてもやけに長引いてしまったりと、普段とはちがったことも出てくることがあると思います。何かしら気になることがあったら、必ずかかりつけの産婦人科に聞くことを忘れないようにしてくださいね。

PR