妊娠中に痔になると悪化しやすい!放置せずしっかり処置しておくことが大切
137views

妊娠中に痔になると悪化しやすい!放置せずしっかり処置しておくことが大切

妊娠中に痔になってしまう妊婦さんは少なくありません。ホルモンバランスが崩れることで、体のいろいろな部分が変化しますし、おなかの中で赤ちゃんがどんどん大きくなると子宮が腸を圧迫し、そのことから痔になる事も多いのです。そのままにしておくと悪化する一方です。しっかり対応していきましょう。

どうして妊娠すると痔になりやすくなるの?

妊娠すると妊婦さんの体は見た目にもまた眼に見えない部分にも大きな変化が生じます。おなかの中ではどんどん胎児が成長し、それと共にもちろん子宮も大きくなります。子宮は通常、妊娠していない状態では存在しない臓器です。

それが胎児の成長と共に大きくなっていくのですから、元々ある小腸や大腸が圧迫されるのは当然のことです。子宮が大きくなるにつれて大腸が圧迫され大腸がぐっと下方向に押されると肛門も圧迫されます。するとその部分にうっ血が起こり、痔になりやすくなってしまうのです。

妊娠すると痔になりやすい

ホルモンバランスが通常の状態とは違う妊婦さんは、腸の蠕動運動にも影響があり腸の動きが鈍くなる傾向があります。そのため、便がうまく出せず大腸がさらに圧迫された状態になり、痔になる事も多いのです。

出ない・・・とトイレで踏ん張ると余計に肛門に圧力がかかるため、痔になりやすくなります。こうなると悪循環となって便秘も痔も治りにくくなってしまいます。便が硬くならないように食事内容にも気を遣う必要があります。

切れ痔?いぼ痔?両方できやすいのが妊娠中の体です

妊娠中に一番できやすいといわれている痔、実はいぼ痔です。いぼ痔というと肛門におできのようなものができるというイメージがありますが、いぼの様に見えるだけで、血管がしこりの様になっている状態です。

いぼ痔が厄介なのは大きくならないと自覚症状がなく、大きくなりすぎて出血してから初めていぼ痔に気が付くということも少なくありません。お薬で治療しますが、場合によっては切除手術が必要です。

切れ痔は便秘をして堅い便を必死に出そうとして肛門部分が切れてしまう状態です。いぼ痔とは別に切れるときに痛みがありますし、ペーパーでふくと血液が付くのでびっくりして受診するという妊婦さんが多い症状です。これも治療薬で治療を行いますが、繰り返すと手術が必要になる場合もあるので、ひどくならないうちに医師に治療してもらいましょう。

 

妊娠中はどんな痔にもなりやすい
痔になってしまったらとにかく恥ずかしがらずに医師に相談することが大切です。大丈夫!産婦人科医や婦人科医はお尻の問題にも精通しています。妊婦さんに痔などのお尻トラブルはつきものですから。信頼して医師に相談し、ひどくなる前に対応しましょう。

妊娠中に痔になってしまったなんて、恥ずかしくて人に言えないなんて思わなくて大丈夫です。マタニティ系の掲示板や口コミサイトを見てください。お尻トラブル満載です。多くの妊婦さんが痔などのトラブルを経験していますので、経験談を読んでみるのもいいでしょう。

痔にならないため妊娠中に気を付けることは?

妊娠中、痔にならないようにするためには、まず、我慢をしないことです。

妊娠中以外でもいえることですが、女性の場合外出先で便をするということを恥ずかしいと思いがちです。でも、我慢は本当によくないことです。妊娠中は特に、肛門部分がうっ血していることが多いので、我慢が痔につながることもあります。

また精神的ストレスは腸の蠕動運動をより鈍くしてしまうのでストレスとうまく付き合っていく生活を考えてください。お風呂でゆったり半身浴などをして血行を良くすることもうっ血解消になりますし、ストレス解消につながります。仕事をされている妊婦さんは、体を思いやり、立ちっぱなし、座りっぱなしを避け、適度に体を動かすことも忘れないようにしましょう。

痔にならないために気を付けること
妊娠しているときは便秘にしても痔にしても、そのままにしておかないことがとても大切です。
妊婦さんの体は特別な状態です。お尻の問題もそのほかの問題も、そのままにせず、医師にどんどん相談しましょう。先輩ママたちが近所にいたらママたちに経験談を聞いてみるのもおススメです。

PR