妊娠中の肌荒れ解消についてまとめました!
24views

妊娠中の肌荒れ解消についてまとめました!

妊娠中はそれまでの生活に比べ、肌荒れの原因となる要素が出てきます。食生活の大きな変化や、ホルモンバランスや睡眠不足で、妊娠中の肌荒れを引き起こします。ホルモンバランスにおいては、黄体ホルモンの働きにより、便秘になりやすくなり、皮脂が多く分泌されることでニキビが出やすくなるということが挙げられます。

妊娠にある食生活の大きな変化と肌荒れの関係について

妊娠中の肌荒れ

妊娠中は肌荒れが起きやすいといわれ、その原因として、妊娠による食生活の大きな変化もそのひとつの可能性として考えられます。

妊娠中はそれまでの生活に比べ、食事内容がこれまでと大きく異なる場合があります。本人がこれまで通りの食事を続けたいと考えていても、つわりで食が進まない場合もありますし、何か同じものだけを食べ続けたくなる場合もあります。

食欲がなければ少しでも食べられるものを口にした方がいいですし、妊娠中は食事の好みも変化することがあります。ただし、味の濃いものなど、妊娠中に望ましくない食品については気をつけましょう。

妊娠中は体調不良で食事が摂りにくかったり、逆にとてもおなかがすいたりと、思うようにいかない面も出てくるかもしれません。食事が十分に摂れていない場合や、食事バランスが偏っている場合なども肌に現れることがあります。

食事バランスを考えた生活を心がけ、栄養面で心配なことがあった場合も医師に相談しましょう。

妊娠中のホルモンバランスの変化が肌荒れに関係

妊娠中の肌荒れはホルモンバランスが影響

肌荒れに大きく関係するのがホルモンバランスです。妊娠中はホルモンバランスが活発になります。ホルモンには女性ホルモンと黄体ホルモンがあります。

妊娠中は黄体ホルモンの影響で、便秘になる可能性があります。これは黄体ホルモンが、便が出るように促す蠕動(ぜんどう)運動を抑えているためです。

また、黄体ホルモンは皮脂の分泌を活発に行います。その関係で妊娠前よりもニキビが出やすい状態になります。ニキビ予防には、こまめに洗顔し、保湿をそれまで以上にしっかりと行うとよいでしょう。

個人差はありますが、一般的に妊娠中の肌荒れは初期に現れてもだんだんとおさまっていくことが多いといわれています。しかしそれでも肌荒れが気になり、皮膚科に行く場合には妊娠中であることを伝えましょう。薬には妊娠中使用を控えた方がいいものもありますので、注意が必要です。

妊娠中の肌荒れと体に配慮したライフスタイルへ

妊娠中の体調は、食欲が落ちたり、だるく感じたりするケースから、ほとんど影響を感じることがないまま過ごせるケースまでさまざまです。妊娠中の肌荒れは、ホルモンバランスや食事の状態など体の内側から関係することも多いので、スキンケアだけではなく、生活全般から見た体調管理を心がけるとよいでしょう。

また妊娠前には肌トラブルがなく使用できていたスキンケア用品が合わなくなり、肌荒れにつながることがあります。敏感肌である場合は低刺激のスキンケア用品を選ぶようにするなど、スキンケア用品の見直しも必要になることがあります。

妊娠中の肌荒れ対策と予防

妊娠中は睡眠時間も大切です。睡眠時間を多く取っているつもりでも、それまでに比べ、夜目が覚めてトイレに行くことが多くなることなどから、睡眠不足になりやすくなります。妊娠前は短い睡眠時間で頑張れてきた場合や、周囲の人が忙しく立ち働いている様子を目にする場合、気持ちの面でもたくさん眠ることを肯定しづらいかもしれません。

しかし、妊娠中は疲れやすいことや、疲れが取れにくいことなども考慮しましょう。妊娠中は睡眠が必要ということも意識することが大切です。

PR