赤ちゃんがおなかにいるのに妊婦がアデノウイルスに感染した場合
20,750views

赤ちゃんがおなかにいるのに妊婦がアデノウイルスに感染した場合

妊娠中はお薬を飲むことができません。でもアデノウイルスの症状はとてもつらいものが多く、妊婦がアデノウイルス感染した場合、対応が気になります。どのような治療が必要になるのでしょうか。また赤ちゃんに影響があるのでしょうか。

妊婦がアデノウイルス?!実は子供から感染しやすい!

妊婦がアデノウィルスに感染

初めてのお子さんを妊娠中の妊婦さんの場合、例えば妊婦さんのお姉さんのお子さんがプール熱に感染し、そのお子さんが遊びに来て感染するなどの感染です。周りも妊婦さんがいるということで、気を使いますし、病気の子供をつれてくるということはないでしょう。ただお子さんが2人、3人いるという場合、お子さんから直接感染することが多く、保育園や小学校に通っているお子さんがいる場合、夏は特にアデノウイルス感染に注意が必要です。

大人は症状がひどくならないといわれていますが、妊娠中は別です。妊娠中は免疫力が普段よりも低くなっていますので感染しやすくなっていますし、感染した場合、症状が悪化する可能性もあるので、極力感染しない努力をしてください。
子供がプール熱にかかったという場合で、熱が出てきた、のどの痛みがある、など症状があるなら、医療機関を受診しましょう。妊婦さんが子供の頃にアデノウイルス感染していれば、抗体がありますので感染する可能性は低いです。でも、リスクを考慮し予防することは大切です。

妊婦さんがアデノウイルスに感染した場合、子供と症状が違う?

アデノウイルスの症状はその型によっても違いがありますが、一番夏に感染が多いプール熱と呼ばれるアデノウイルスの場合、高い熱、のどの痛み、結膜炎などの症状です。大人の場合、症状が強く出やすいのがのどですが、子供より軽いことが多く、妊婦さんはお薬を飲むことができませんが、重篤な症状になるとか、肺炎になるなどのリスクはそう高くないでしょう。

 

妊婦がアデノウイルスに感染した場合の症状

 

妊婦さんがアデノウイルスに感染し喉が痛いなどの症状に、経口薬の利用はされないと思いますが、のどにスプレーするタイプのお薬などを処方されることもあります。痛みがそれほど強くなく、ゼリーなどが食べられる、水分が取れるという場合それほど心配はいりません。ただ、医療機関は受診しましょう。
喉が痛いと水分を摂取できなくなる方も多いです。またのどの痛みのほかに吐き気などが伴う場合、水を吐き出してしまう場合もあるので、その場合、医師に症状を伝え、治療をしてもらいましょう。

妊娠中アデノウイルスに感染し下痢が起きた場合

妊娠中にアデノウイルスに感染し、下痢の症状がひどいという場合、勿論医師に相談しましょう。水分が失われるので水分が取れるようなら摂取し、取れないようなら医師に相談します。妊婦さんが一番気になるのは、妊娠中アデノウイルスに感染した場合に胎児に影響があるかどうかということでしょう。風疹に感染した場合、胎児に影響が出ることがありますが、アデノウイルスに関しては胎児への影響はありません。とはいえ、熱が高くなっても極力医師は薬を出したがりませんし、妊婦さんとしても利用したくないでしょうから、とにかく睡眠と疲労回復に努めてください。旦那様にもうつさないように気を付けましょう。

 

妊婦がアデノウイルスに感染したときの下痢の対処

自分にどのような症状があるのか、産婦人科の担当医師にしっかり伝え、経過を観察することが必要です。妊娠に対してリスクを伴う風疹のような病気とは違いますので、自分の不調を改善することを第一に考えましょう。辛い時には医師に相談し、水分補給の点滴などなら妊婦さんでも受けることができるので、無理せず治療してもらいましょう。

PR