妊娠性掻痒の治療は処方された薬だけでは不十分?!自宅でできる痒み対策で早期の改善を目指す!
118views

妊娠性掻痒の治療は処方された薬だけでは不十分?!自宅でできる痒み対策で早期の改善を目指す!

妊娠性掻痒の治療は基本的には対処療法になります。主に炎症を抑える薬で痒みをコントロールします。妊娠性掻痒の症状が改善した人は病院で処方された薬と自宅でできる対処によって改善した人が多いようです。今回は自宅でできる症状緩和のための方法を紹介します。

妊娠性掻痒の治療

妊娠中の特徴的な症状として体が痒くなるという症状があります。
これは妊娠が原因で引き起こされる肌の痒みや異常です。そのため、出産が終われば症状はなくなります。とはいえ妊娠中、ずっと痒みに悩まされることになるので妊婦さんにとっては辛い症状の1つです。
この妊娠性掻痒の治療としては対処療法としてかゆみや炎症を抑えることになります。

妊娠性掻痒の原因は妊娠?!

妊娠性掻痒の原因

妊娠性掻痒の根本治療を行うのは難しいことです。なぜなら妊娠性掻痒の原因は妊娠だからです。妊娠状態である限り、妊娠性掻痒は治ることがないと言われています。

もっとも効果のあったのは複数の方法を併用した人

妊娠していないときであれば、痒み止めを使うことで痒みは簡単になくなることも多いのですが、妊娠中に使用できる痒み止めはあまりありません。
そのため、多くは抗炎症剤などを使って痒みをコントロールします。病院で処方される薬で痒みが楽になった、という人もいればほとんど効果が無かったという人まで様々います。もっとも高い効果を得やすいのは処方された薬と民間療法や生活習慣の変更などを併用した人です。
これらの人はどのような方法を具体的に行ったのでしょうか?

妊娠性掻痒を改善した民間療法

妊娠性掻痒に効果のある民間療法のほとんどは肌に天然成分の入ったクリームやオイル、ローションを塗るというものです。これらを使って肌を刺激から守ったり、肌の状態を良くすることで症状が改善したのでしょう。

【1】オイル塗布
妊娠性掻痒に効果のあったと言われるオイルはココナッツオイル、アーモンドオイル、ひまし油、馬油、セサミオイルなど多くのオイルがあります。匂いの好き嫌いもあるようですが、基本的に良質なオイルで肌になじみやすいオイルであれば高い効果が期待できます。オイルを塗ったあとはラップをまくなどして周囲を汚さないようにしましょう。

【2】よもぎローション
よもぎローションは天然成分は痒みを引き起こすヒスタミンの分泌を抑制してくれます。このため、妊娠性掻痒だけでなく、肌のかゆみ全般に効果のあると言われています。とくに痒み止めを使用できない妊婦にとっては安心して使えるとして親しまれています。

妊娠中は肌に触れるものも大事!

妊娠性掻痒の民間療法

妊娠しているとき、多くの人は飲み薬を避けたいと思うものです。これに対して、塗り薬に対してはそこまで神経質にならない人もいます。
しかし、塗り薬は飲み薬と同じくらい使用に慎重になるべきです。
なぜなら皮膚に塗ることで体内に薬剤はしっかりと入ってくるからです。このような皮膚から入る毒のことを経皮毒(けいひどく)と言います。口にするものだけでなく、肌に触れるものにも気を使いましょう。

妊娠性掻痒を改善した生活習慣

妊娠性掻痒を誘発したり悪化させるのは、日頃の生活習慣に問題がある場合も多いようです。妊娠していないときには気にならなかったり、体の反応として出てこなかったものでも、敏感になっている妊娠中に症状がでることはよくあることです。

【1】石けんやシャンプーを変える
肌への刺激が強い製品として石けんやシャンプー、洗濯洗剤などがあります。
石けんやシャンプーは天然成分が多い製品を探すよりも化学薬品が少ないものを選ぶことが大切です。大抵の製品は天然成分を配合と書かれていても、それは洗浄成分の中での配合量であり製品全体でみたときには微々たる量であることも多いからです。
アレルギー肌用や低刺激など肌に負担のかからないものに変えるだけでも痒みが緩和されます。

【2】肉類を控える
妊娠性掻痒の原因は妊娠しているから、と考えられていますが、実際には食事によって妊娠性掻痒になる可能性が高くなることと言われています。
とくに注意したい食べ物は肉類です。肉、魚、卵、乳製品など動物性タンパク質を多く摂取することで痒みが酷くなるという妊婦も多くいます。そして、これらの食べ物を控えることで症状が改善する場合も多いようです。

精製された炭水化物が多い食事も要注意!

妊娠性掻痒を生活習慣で改善

妊娠性掻痒を引き起こす食事として、ミネラルやビタミンの少ない食事も挙げられます。
ジャンクフードや菓子類などはもちろん、精製された炭水化物が食事の半分を占める場合も注意が必要です。また、加熱された食事が多いことも痒みの原因になることがあります。

PR