妊婦さんの半分以上が経験!どうにかならない!?妊娠中の尿漏れ。予防策や対策まとめ
106views

妊婦さんの半分以上が経験!どうにかならない!?妊娠中の尿漏れ。予防策や対策まとめ

妊娠中は色々とトラブルが続きですが、そのひとつに今まで経験がなかった妊娠中の尿漏れがあります。くしゃみしたとき、椅子から立ち上がったとき、色々なシーンで突然なってしまう尿漏れ。この尿漏れについて、何か対策はないでしょうか?妊娠中の尿漏れの予防策や対策についてまとめました。

どうして起きる!?妊娠中の尿漏れ

妊娠中の尿漏れ

妊娠中の尿漏れは、妊婦さんの半数以上が経験し、悩んでいる妊娠トラブルのひとつです。くしゃみや咳、あるいは椅子を立ちあがった瞬間など、様々なタイミングで尿漏れしてしまいます。

その原因は2つあります。
一つは、子宮が大きくなるにつれて膀胱を圧迫することによるものです。頻尿もそうですが、子宮が大きくなると膀胱が圧迫されて、膀胱のキャパシティが小さくなります。その上に、何かの衝撃で子宮が膀胱を刺激してしまい、少しだけ出てしまうということになります。

もうひとつが、黄体ホルモンによるものです。妊娠中に分泌される黄体ホルモンは、出産が近づくにつれて、どんどんと分泌量が増えます。この黄体ホルモンが子宮口をやわらくさせて、赤ちゃんが生まれやすくするのですが、その黄体ホルモンが子宮周りの筋肉も柔らかくさせてしまうのです。つまり、今まで我慢できる範囲の衝撃でも、筋肉や柔らかくなってしまい、抑えられなくなってしまうというのも原因なのです。

尿漏れは予防出来る!「骨盤底筋群」を鍛えよう

この骨盤底筋群を鍛えることで、お産を楽に、スムーズに進めることに役立てられるそうです。これから、その骨盤底筋群を鍛える体操をご紹介します。

「骨盤底筋群」とはどこのこと?

骨盤底筋群とは、胎盤や内臓を支えている、お腹の下の方にある筋肉です。この筋肉が、妊娠すると柔らかくなってしまい、そのため尿漏れの原因となります。ある程度の筋肉の緩みは、お産をするためには必要ですが、自分でコントロールできるようにするだけでも違ってきます。

骨盤底筋群を鍛えるには「ケーゲル体操」

骨盤底筋群を鍛えるためには、ケーゲル体操というのが多く取り上げられています。これは、基本的には「力を入れる、そして緩める」を繰り返す体操です。
尿漏れなどに効果があると言われているケーゲル体操は、椅子に座り、両足をきちんとつけて、肩幅に広げます。その後、膣を締めるイメージでキュッと引き締め、その後に脱力・・・また引き締めて、その後脱力・・・この繰り返し。
この体操を繰り返すことで、骨盤底筋群の筋肉を鍛えることが出来るようになることと、力の入れ方が分かるので、出産をするときにもいきむ上での力のかけ方が分かるようになるといったメリットもあります。

多少の尿漏れは仕方ない?尿漏れ対策

残念ながら、妊娠中は一度そういった症状が出てしまった場合は、これを改善することは出来ますが、100%なくすことはできません。最近では、おりものシートでも、尿漏れ対策が出来るものがドラッグストアなどで販売されています。そういったもので対策をしていくようにしなければなりません。

その日の体調を良く見ておこう

妊娠中期から後期にかけて出てくる尿漏れ。後期になると、尿漏れかな?と思っていたら破水していたということもあります。

ですから、その時の体調などは常に敏感になっておいた方が良いでしょう。また、ケーゲル体操については、体調が悪い時、あるいはそれをやっているとお腹が張ってしまう、などというときは控えるようにするなど、自分自身でのコントロールが必要になります。

PR