妊娠中に足の付け根が痛む理由とは?その原因と解消方法
1,235views

妊娠中に足の付け根が痛む理由とは?その原因と解消方法

妊娠中に足の付け根が痛む症状を訴える人がいます。この原因は何なのでしょうか?まだ妊娠初期、中期、後期とそれぞれ原因が異なっているようです。それぞれの原因と解消方法についてまとめました。異常があるのか心配がある方も多いと思いますが、原因を知り上手く解消しましょう。

妊娠初期に足の付け根が痛い理由

妊娠初期に足の付け根が痛い

妊娠初期に足の付け根が痛む人がいます。この原因はリラキシンというホルモンが分泌されるからです。このホルモンは骨盤周辺の筋肉を緩める働きがあり、人によっては寝ても座っても辛いなど、不快感が強くなる場合もあるようです。
元々骨盤周りの筋肉が弱い方、骨盤が開きぎみの方は注意してみましょう。早い段階から緩みすぎると、腰痛や恥骨の痛み、頻尿、むくみなどの症状を感じてしまいます。骨盤が開きすぎれば、流産や早産の原因にもなるため、痛みが強い方は医師に相談してみましょう。

妊娠初期の痛みの改善方法

痛みは妊娠初期のみで、安定期に入れば治まります。それまで我慢できないなら、対処方法を実践してみてください。子宮が下がることがあるため長時間の立ち仕事は避け、適度な運動で骨盤周りをほぐす方法も有効です。むくみが強いなら半身浴、足湯などで下半身を温めましょう。

妊娠中期に足の付け根が痛い理由

妊娠中期に足の付け根が痛い

妊娠中期は初期とは異なり、骨盤周りを緩めるホルモンの作用は無いでしょう。その代わりお腹が急激に大きくなり、足の付け根に負担をかけることがあります。特に体重増加が大きい方は、下半身の筋肉がその重みに対応できず痛みを感じやすいため注意してください。痛み自体は妊娠が進むにつれて治ったり、産後響くことはありませんから心配することはありません。

妊娠中期の痛みの改善方法

妊娠中期の足の付け根の痛みは、お腹の大きさによる影響が考えられます。日常生活での痛みのほか、寝ている時も辛かったという声もあるようです。睡眠中なら足の下にクッションを置いておくと、下半身の痛みが軽減しやすくなります。日常生活ではお腹を突き出し過ぎないように注意し、姿勢の乱れを正すようにしましょう。元々骨盤に歪みがある方、体が小さい方なども痛みを感じやすくなっています。ストレッチ、ヨガなども痛みを和らげる手助けになります。

妊娠後期に足の付け根が痛い理由

妊娠後期に足の付け根が痛い理由

妊娠後期になると初期のようにまたリラキシンの影響が出てきます。いよいよ出産が近づいたためで、骨盤を緩め徐々にお産のための準備をはじめています。恥骨の辺りが傷む方や、足の付け根が痛いなど症状も様々です。このホルモンはお産をスムーズにするためのものですから、出産が終了すれば痛みは無くなります。
特に痛みを感じやすいのは、元々骨盤が歪んでいた方です。骨盤ベルトで揺れを安定させると多少痛みが和らぎます。

妊娠後期の痛みの改善方法

痛みがあるからと安静を続けるより、少し軽い運動が痛み軽減に役立ちます。ウォーキングならお腹に負担がかかりにくく、足の筋肉を適度に刺激できるためおすすめです。足腰の強さは安産にも繋がりますから、今のうちに少しずつ運動をしましょう。臨月の場合はいつお産が始まってもおかしくないため、携帯電話と母子手帳・保険証や診察券は持ち歩くことをおすすめします。また、お産の際に利用できるタクシーの連絡先も忘れずに持っていきましょう。

こんな症状は病院に連絡

妊娠中に足の付け根の痛みは異常ではないため注意する必要はありません。しかし、問題が出るケースもあるため普段と違う痛みがある場合は受診をおすすめします。恥骨の辺りに痛みがあり、いつもよりおりものが増えている場合は、子宮口が開き早産しかけている場合も。お腹の張り止めを処方してもらえば妊娠は継続できますから、心配なら医師の診察を受けるようにしてください。

PR