妊娠線が出来ちゃった!・・・出来てしまった妊娠線を消す方法が知りたい!
82views

妊娠線が出来ちゃった!・・・出来てしまった妊娠線を消す方法が知りたい!

うっかり妊娠線が出来ちゃった!そんな妊婦さんは「どうしよう、消えるかな?」と不安になっていることでしょう。一度出来てしまった妊娠線は、完全に消すことはできませんが、薄くすることはできます。こちらでは妊娠線を消す方法をご紹介しますので、今からでもしっかりケアしてみてください。

妊娠線とは

妊娠すると身体がいろいろ変化して、無事出産するまで妊婦さんは一喜一憂ですよね?
妊娠初期は、それこそつわりがあったり眠気や下腹部痛があったりして、日々症状の変化に振り回されっぱなしですが、やっとつわりが落ち着いて安定期に入ったと思った頃には、今度は妊娠線が出来ちゃった!なんて悩みに直面することも珍しくはありません。

妊娠中期から後期には、この妊娠線が頭痛のタネになるという人がけっこういます。一度ついた妊娠線は、なかなか完全に消すことはできません。しかし、少しでも薄くする方法はありますので、試してみる価値はあるでしょう。

妊娠線ノウハウ 妊娠線なんで出来るの?

妊娠線が出来る仕組み

どうして妊娠線が出来てしまうのでしょうか?皮膚は、表面に表皮がありその下に真皮、さらに皮下組織があって成り立っています。妊娠すると表皮はお腹が大きくなるにつれて一緒に伸びていきますが、真皮や皮下組織の一部には、お腹の大きさに付いていけないものもあります。
その時に、一部伸びにくいものがあって組織に亀裂を入れてしまうため、それが赤紫の線状斑になって妊娠線となります。最初に赤っぽかった妊娠線は次第に白っぽく変化していきますが、かゆみを生じることもあり、その後消えることはなく産後も残ってしまいます。

妊娠線が出来る仕組み

では、出来てしまった妊娠線を本当に消すことはできないのでしょうか?
実は、妊娠前のように完全に消し去るということはかなり難しく、今の医療技術でも困難を極めると言われています。しかし、薄くしたり少しでも目立たなくさせることは不可能ではありません。

以下では、妊娠線を消す方法をご紹介していきます。

妊娠線を消す方法

オイルでしっかり保湿しよう

妊娠線を消す方法

妊娠線に乾燥は厳禁です。乾燥により、今以上にひどくなったり改善できるのにしなくなったりします。乾燥しないようオイルでしっかり保湿することが大切です。使うオイルはオリーブオイルやココナッツオイル、アルガンオイルなどが向いています。ベビー用でホホバオイル入りのスキンケア商品もあり、それもオススメです。ただし、古いオイルは酸化がひどくなっている可能性があるので、できるだけ新鮮なものを使うのが望ましいでしょう。

AFC「ストレッチマーククリーム」

出来てしまった妊娠線がなかなか消えないのは、元に戻るという“成長”がないから。
美容と健康の健康食品などを扱うAFCというメーカーは、この皮膚の成長に着目し、元に戻すという成長を促すクリームを開発。葉酸や血行を促進するぺリジンを配合して、体内の循環を良くし“めぐり”をサポートするクリームを販売しています。インターネットなどで購入できますので、気になる方は、一度HPを見てみると良いでしょう。

オイルとクリームを併用するとさらに効果が高まります。順番は①オイル ②クリームです。お風呂上りであれば、身体が温まって毛穴が開いているので、いつも以上に浸透しやすくなります。ただ、日常でかゆみや乾燥を感じるのであれば、いつでも塗って構いません。その際は、一度化粧水やボディローションなどで肌に水分を含ませてから使用すると浸透しやすいので、試してみてください。

PR