妊娠中にマッサージがしたい!お店ではNGな理由と解消方法
205views

妊娠中にマッサージがしたい!お店ではNGな理由と解消方法

妊娠中にマッサージを利用したいと考えている方も多いでしょう。でも一般的なマッサージのお店では、妊婦さんはNGのことが多いのです。その理由と、妊婦さんが利用できる解消方法を紹介します。腰、肩などがつらいときにも参考にしてみましょう。

お店で妊婦がNGの理由とは?

マッサージ店は妊婦NG

妊娠中にマッサージを利用すると、流産しやすいという明確な根拠はありません。でも一般のマッサージ店では、妊婦はNGのことが多いのです。その理由は次のようなことからです。

・ 子宮の収縮を促すツボがあるから
・ 体勢によってはお腹を圧迫してしまう

主な理由はこの2点です。もし万が一マッサージを受けた後に、流産の兆候が見られたら、お店側も困るということです。特に妊娠初期は妊娠が不安定なことから、お断りするお店がほとんどです。可能な場合でも妊娠中期の安定期に入らないとNGとなっています。

マッサージが利用できるお店の注意点

稀にマッサージ店でも安定期ならOKのところがあります。その場合も幾つかの注意点があります。必ず安定期に入ってから利用すること、妊娠後期はお腹が大きくなるためうつ伏せの体勢は避ける、長時間や強いマッサージは避けましょう。あくまでもリラクゼーション目的で、凝りが解れるほどしっかり利用することができない場合があります。
また、フットマッサージだけ、お腹に刺激が伝わりにくい肩だけ、むくみ解消のためのリンパマッサージなど、部分的なケアを利用する方法も良いでしょう。妊娠のメカニズムをよく利用しているお店なら、部分的なマッサージを受け入れてくれることがあります。

マッサージの前には病院を受診しましょう

妊婦OKの治療院が近くにあるなら安定期にマッサージを受けても良いでしょう。その際には一度医師の診察を受けてください。お腹の張りが問題なく、出血や痛みの兆候がみられない、そして胎児の成長が順調なら医師の許可が得られます。お腹の状態が安定していることを確認してから利用したほうが、妊婦さんも安心して受けられます。

自宅での凝り解消方法

妊婦OKの治療院が見つからない、医師の許可が得られない場合は、自宅で凝り解消方法を実践するのも良いでしょう。マッサージだけが凝り解消法ではないため、体に負担の少ない方法で対処してみてください。

ストレッチ

ストレッチで妊娠中の凝り解消

マタニティヨガなどで体を良く伸ばし、血流を促進させましょう。専用のヨガはリラックス効果が高く、お腹に負担をかけにくいためおすすめできます。血流も改善し凝りにくい体を維持しやすくなります。

入浴

入浴で妊娠中の凝り解消

体のどこかに凝りがあるということは、乳酸が蓄積している証拠です。血流が悪くなっていますから、入浴にて老廃物を排泄してください。妊婦さんの長湯は禁物ですから、足湯を利用しても良いでしょう。

フットケア

フットケアで妊娠中の凝り解消

首や肩の凝りで頭痛がきているなら、足の裏にある首や肩の反射区を刺激すると解れやすくなります。首は親指の付け根をよく揉み解し、肩は指の付け根全体を揉み解しましょう。ただし足の裏でも妊婦さんが刺激してはいけない箇所があります。くるぶし下の内側は子宮、外側は卵巣があるため刺激は禁物です。土踏まずよりかかとよりは女性器系の反射区が多くあるため、マッサージは土踏まずより指先を中心にやってください。

体の中から温める

暖かい飲みもので妊娠中の凝り解消

血流が滞り老廃物が排泄されないなら、温かい飲み物を活用し、体の中から血流を良くしましょう。生姜湯、ハーブティ、白湯などもおすすめです。生姜は葛根湯にも含まれており、効能に肩こりや頭痛なども書かれています。妊婦さんは漢方薬を飲むよりも、生姜をすりおろして飲む方法が良いでしょう。素早く体を温めてくれ、首や肩からくる頭痛も鎮めてくれます。

PR