妊娠中にヘアカラーは赤ちゃんに危険が?!その原因と対策方法について
598views

妊娠中にヘアカラーは赤ちゃんに危険が?!その原因と対策方法について

妊娠中にヘアカラーをすると赤ちゃんに伝わり危険があるのでしょうか?妊娠中にはできるだけ髪を染めるのは避けたほうが良い理由と、妊婦さんでもできる対処方法を紹介します。オシャレ染め目的だけでなく、白髪隠しをしたい方も参考になります。

妊娠中にヘアカラーはダメなの?

妊娠中のヘアカラー

結論からいいますと、ヘアカラーの成分が母体の皮膚から吸収されて、赤ちゃんに影響を及ぼすほどではないといえます。頭皮は皮膚吸収率が高く、市販のヘアカラーや美容院の毛染め液にも、有害な成分が入っているためそう感じてしまうのでしょう。
特に市販のヘアカラーに含まれているジアミンという成分は、アレルギーを起こす物質のひとつで、毒性が強いともいわれています。妊婦さんは皮膚より吸収され血液を通し胎盤に伝わることで、赤ちゃんの影響を考えてしまいます。しかし、妊娠中に1回くらいしたぐらいで、赤ちゃんへの重大な障害を招くという根拠はありません。

でもやっぱり母体のことを考えると避けるのが無難

ヘアカラーの中にはジアミンというアレルギーを引き起こす成分が入っていることがあるとお話しました。この成分は皮膚が過敏な方だと痒み・湿疹・ただれなどを起こします。妊婦さんはホルモンの影響で免疫力が下がり皮膚が過敏になっていますから、いつもは大丈夫でも避けるのが無難でしょう。
特に市販されているヘアカラーは、美容院のタイプより刺激が強い成分で構成されているものが殆どです。無添加のヘアカラーや、植物100%のヘナ、美容院のアレルギー対策商品ならまだしも、市販のヘアカラーは避けるようにしましょう。

白髪が気になるからどうしても!という時

基本的には妊娠中のヘアカラーは皮膚への刺激を考えおすすめできません。でも、オシャレ染めと白髪染めでは多少事情も異なってしまいます。最近は30代や40代で出産する人も多いため、この年齢特有の白髪対策はしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。上手い解消方法を参考にしてみて下さい。

・ 妊娠中だけショートヘアにする
・ ペンタイプの白髪染めで気になる箇所のみ塗る
・ 刺激が少ないヘナ100%を使う

妊娠初期ならつわりで気分が悪くなりやすいため、ニオイにも注意してください。できれば安定期に入ってから、お腹が大きくならない内に刺激が少ないカラーリング剤を採用している美容院に行くと良いでしょう。その際には妊娠していることを伝え、お腹に負担がかからない体性に気をつけてもらったり、肌に優しい成分の薬剤を使ってもらってください。

産後は美容院に行きにくいから染めるのも良いかも

産後は赤ちゃんを連れて美容院に行きにくくなるため、美容院に行っておくのも良いかもしれません。少なくとも首が据わっていない赤ちゃんを連れて行くのは大変です。芸能人の方も、妊娠中は髪を短く切る方が多いのもこのためです。
自宅で染める場合もニオイや成分に注意し、美容院に行く際には美容師さんと良く話し合った上で決めるようにしましょう。医師の見解ではヘアカラーやパーマ自体は影響が無いと考えている人も多いようです。ただし肌トラブルだけは起こりやすいため、自宅で試す場合はパッチテストを行ってから、美容院でも可能なら試してもらいましょう。

パッチテストのやり方

パッチテストが利用できる環境なら、皮膚トラブルが起こりにくいか確かめることができます。二の腕、太ももの裏側など皮膚の柔らかい部分に十円玉程度の大きさで塗布します。それを自然乾燥させて、48時間放置します。美容院でテストする場合は塗布後30分くらいを目安にチェックしましょう。
この際に湿疹、痒み、水泡など皮膚の異常が現われたら、ヘアカラーは中止してください。もちろん、48時間以内に異常が見られれば、直ぐに洗い流し使用を中止しましょう。

PR