羊水検査のリスクとは?どうやって羊水検査をするの? 羊水検査で破水する危険性はあるの? 
176views

羊水検査のリスクとは?どうやって羊水検査をするの? 羊水検査で破水する危険性はあるの? 

出生前診断の1つである羊水検査。羊水検査をすることによって、生まれてくる赤ちゃんの染色体異常を知ることができます。羊水検査をすることで、出生前に赤ちゃんのことが分かるというメリットがありますが、不安なのは羊水検査のリスクです。羊水検査にはどのようなリスクがあるのかをご紹介します。

出生前診断の羊水検査とは?

羊水検査というのはどのような検査なのでしょうか?羊水検査の目的や手順についてご紹介します。

羊水検査の目的

お腹の赤ちゃんは、羊水の中で育ちます。羊水には赤ちゃんの細胞の情報が含まれているため、羊水を調べることによって、染色体や遺伝子のことが分かります。羊水検査では、染色体の異常などをチェックすることができます。

染色体の数に異常があれば、ダウン症(21トリソミー)や、ターナー症候群などの疾患を持って生まれてくる可能性があることが分かります。また、染色体の構造の異常として、染色体がくっついたり入れ替わっている転座や、染色体の一部が失われている欠失などがあります。

羊水検査の手順

出生前診断の羊水検査のリスク

羊水検査は、まず、エコーでお腹の赤ちゃんの様子を確認し、正常な状態で、羊水量も問題なければ実施できます。妊婦さんのお腹を消毒し、エコーでお腹を見ながら、お臍の下に細い針を刺して羊水を取ります。針を刺している時間は、20秒程度で、羊水が採取できれば消毒をし、再度エコーでお腹の赤ちゃんの様子を確認します。その後、1時間程度安静にして、問題がなければ帰宅できます。

検査後は感染予防と子宮収縮を抑制するための薬が出るため、それを必ず飲みましょう。羊水検査は保険の適応がなく、すべて自費での検査となります。検査費用は10万円から15万円程度です。

羊水を使った染色体検査

血液を使った検査と比べて、羊水検査は細かい部分の異常について発見することがとても難しい検査となっています。染色体の数の増減があるような、数の異常判断は正確にできますが、構造に関する細かい診断は難しいのが現状です。

また、一人の胎児が正常と異常の2つの染色体をもっていることがあります。これは染色体モザイクと言って、稀なことなのですが、このような場合は羊水検査で正常であっても、生まれてきたら染色体の異常が見つかるということもあります。

羊水検査をするときは、細い針を使うのですが、妊婦さんの皮膚と子宮の壁を通過して羊水に到達するため、針の中に妊婦さんの細胞が入ってしまう可能性があります。めったにそのようなことはないのですが、絶対ないとは言い切れません。

羊水検査のリスクとは?

不安なのが、羊水検査のリスクです。羊水検査をすることで、赤ちゃんが危険な状態になることはあるのでしょうか?羊水検査のリスクについて詳しくみていきましょう。

羊水検査にはどのようなリスクがあるの?

出生前診断の羊水検査で流産

羊水検査によって、お腹の赤ちゃんが流産する可能性が1,000人に1人~3人の割合で起こります。羊水検査を受ける時期は妊娠15週~18週で、この時期は自然流産の可能性があるため、羊水検査を受けなくても自然流産をした可能性もあります。

羊水検査をして羊水をとった場合でも、胎児細胞が増えてこないと染色体が見えないため、診断ができないことがあります。羊水検査を受けられる期間内であれば、もう一度検査を受けることは可能です。

検査で羊水をとるときに、針を刺しますが、この針が原因で出血や腹痛が起こり、破水することがあります。このような状態の場合は、すぐに入院をして、経過をみるようになります。確率は100人に1人の割合で起こります。

PR