妊娠中に足がつる症状とは?原因と上手く乗り切るための対処方法
85views

妊娠中に足がつる症状とは?原因と上手く乗り切るための対処方法

妊娠中に足がつる人が増えるようですが、原因は何なのでしょうか?足がつる原因と、その解消方法を紹介します。妊娠前にはまったく症状が無かった人でも、妊娠すると起こりやすいため注意しましょう。産後まで引きずらないためにも上手い解消方法をみつけましょう。

妊娠すると増える足がつる症状

妊娠中に足がつることが多くなる

妊娠前は一度も経験したことがないのに、妊娠するととたんに足がつる症状を感じる人がいます。この症状は多くの妊婦さんが感じているもので、特別なものではありません。しかし妊娠中に足がつるのはとても辛いことですから、どうにかして解消したいと考えている方も多いのではないでしょうか。誰だって寝ているときに突然足がつるのは辛いものです。妊娠中に起こる足がつる原因、解消方法を紹介します。

妊娠中に足がつる原因とは?

足がつる症状は「こむら返り」といいます。寝ている際に激しい痛みを感じ、寝ていられない程です。痛み自体は数十秒~数分とそれ程長くは無いのですが、痛みが強いため悩んでいる方も多くなっています。
このこむら返りは筋肉が収縮したままの状態で、弛緩しないため痛みを伴います。この症状は激しい運動をした後、高齢者に多くなっています。筋肉の疲労の蓄積、高齢者では運動不足が要因になったりします。妊婦さんの場合は原因が多少異なり、4つの原因が関係しています。

1・栄養バランスの影響

妊婦さんは赤ちゃんの分まで栄養が必要です。そのため栄養バランスが崩れていると、母体の栄養素が不足してしまいます。その結果ミネラルバランスが悪くなり、足がつってしまうのです。特にカルシウム、マグネシウム、カリウム不足には注意してください。また、こむら返りはビタミンB1不足でも生じます。

2・スポーツで汗をかく

妊娠中に足がつる原因

夏に妊娠している方は汗の量にも注意しましょう。汗を大量にかくと、血液中のナトリウムやカリウムのバランスがくずれ、神経や筋肉が興奮しやすくなります。発汗しやすい時期は水だけでは電解質が補給できません。ミネラルを含むスポーツ飲料水・熱中症対策の飲料などを活用しながら、食事でもミネラル補給に気をつけましょう。

3・下半身の冷えによる問題

特に寝ている際には下半身の温度が低下しやすいため、冷えに注意してください。冬なら湯たんぽを足元に入れるだけでも、こむら返り予防になります。また妊婦さんは普段より運動量が減りやすく、血流不足により症状が出ることがあります。妊婦だからと大事にしすぎるのではなく、適度に歩いて血流促進を心掛けることです。散歩は体重管理となり安産対策ともなりますから、積極的に行うと良いでしょう。

4・骨盤の緩み

妊娠後期になると骨盤が開いてきます。これによりこむら返りを起こす妊婦さんが出てきます。骨盤の緩みは出産するために必要なことですが、早い段階から開きすぎないよう対処してみましょう。犬の日には腹帯を巻いて、足がつる対策をしておくことをおすすめします。腹帯は犬の安産にあやかるという意味もあるため、是非利用してみてください。

妊娠中に足がつった時の対処方法

妊娠中に足がつった時の対処方法

妊婦さんの場合筋肉疲労は考えられないため、栄養不足・冷え・骨盤の緩みなどが原因となっています。これらの原因を解消しても、万が一寝ている際に足がつったら、解消方法を知っておくと良いでしょう。

妊娠中に足がつったらやること

もし足がつったらマッサージしてはいけません。つま先をすねの方に近づけ、ふくらはぎの筋肉を伸ばしましょう。筋肉が収縮しているため痛みを感じているわけで、伸ばせば脳に作用し急激な収縮を防いでくれます。
寝ている際に起こりやすい方は、次のような対策もおすすめです。

・ 膝を立てて寝る
・ 伸びをしない
・ ミネラルを含む水分補給をしておく
・ 寝る前に入浴で十分下半身を温めておく
・ ミネラルを含む食事を心掛ける

PR