妊娠中の授乳は流産する?年子ができた場合の対処方法
832views

妊娠中の授乳は流産する?年子ができた場合の対処方法

出産後すぐに妊娠してしまう方もいます。そんな場合は妊娠中の授乳はしても良いのか迷ってしまうでしょう。授乳中は生理が来ないようできているため、授乳すると子宮が収縮して流産すると考えてしまうでしょう。年子を授かった場合の上手い対処方法を紹介します。

妊娠中に授乳が危険な理由

妊娠中に授乳

授乳は産後の回復を早める効果があります。乳首が吸われることで刺激となり、授乳中の体の中にはオキシトシンというホルモンが分泌されます。これは子宮の収縮を促す成分で、出産により広がった子宮を元に戻そうとする働きがあります。そのため、妊娠中には授乳をするのは危険性が高いと感じる人が多いのでしょう。
特に妊娠初期はまだ受精卵の状態が不安定で、外に流れ出てしまう危険性があります。薬などの影響でも子宮の収縮を促すものは避けなければならず、それと同じように授乳も子宮を収縮させるため危険性が高いと感じる人も多くいるようです。

妊娠中の授乳は医師によって見解は様々

実はこの妊娠中の授乳は、医師によって見解が様々です。胎児の状態に影響がなければ無理に卒乳させる必要は無いという考え方の人もいれば、子宮を収縮し流産を促すためできれば卒乳させたほうが良いと考える人もいます。
実際には、医師が母体を診察し、子宮の収縮状態や出血の有り無し、お腹の痛みなど色々な面から診断されることとなります。勝手に判断するのではなく、医師と相談しながら今後授乳をどうすべきか話し合いましょう。そのときに子宮の収縮が強いと判断されれば、当然授乳を中止しなければなりません。

妊娠中の授乳は実際はどうなの?

実際には多くの方が、妊娠中に授乳を続けています。医師の許可が得られ、胎児の状態に問題がなければ授乳を続けても問題がないからです。ただし、多くの方は妊娠中に自然と卒乳しています。その理由は次のようなことからです。

・ 母乳の味が変わるため赤ちゃん自体が卒乳する
・ 吸われると痛みを感じるためお母さんが回数を調節し卒乳しやすい

上の子の年齢で調節するのがベター

妊娠中の授乳はいつ

卒乳に関しては上の子の年齢にも左右されます。年子で直ぐ妊娠した場合は、しばらく授乳するのはしかたがないことです。その点、年齢が離れていれば様々な工夫で卒乳に踏み切ることはできます。上の年連により調節してみてはどうでしょうか。
1歳なら離乳食やフォローアップミルクで対応、2歳なら色々な食品も食べられるため、食事で満足感を出す方法もあります。しかし、赤ちゃんにとっては授乳がお母さんとのスキンシップとなり、心の安定を保っている材料となっていることがあります。無理に引き離すのではなく、抱っこや話しかけるなどの対処でコミュニケーションは十分取るようにしてください。

こんな時には授乳は中止しましょう

授乳を続けると危険性が高いのは、切迫流産や切迫早産・重度の妊娠高血圧症候群がある場合です。ほかにも妊娠を継続するために、お腹の張り止め薬などを飲んでいる際も、母乳に流れ出る危険性を考え中止するほうが良いでしょう。

授乳しなくても流産する時はする

妊娠初期の流産の多くは、受精卵の染色体異常など先天的な問題があるからです。授乳をして子宮が収縮したからではないのです。初期に流産する運命があるなら、授乳しようが授乳しなかろうが流れてしまいます。元々人間の体は妊娠しにくいようにできており、受精自体は80%でも着床率はその半分、更に妊娠が継続できる割合はもっと低下してしまいます。健全な女性でも5回に1回の割合で、初期の流産が起こるとされています。
このような理由から、あまり深刻にならず妊娠の状態が良ければ授乳を続けるでも良いのではないでしょうか。もちろん異常があれば直ぐに中止し、医師の診察を仰ぐようにしてください。

PR