知りたい!!妊娠中の髪を染める行為はいいの?ダメなの?その理由は一体なんなのか?!
132views

知りたい!!妊娠中の髪を染める行為はいいの?ダメなの?その理由は一体なんなのか?!

妊娠中の髪染めるのってよく「ダメ」って聞きますよね。でもそれってどうしてなんだろう?でも髪を染めている妊婦さんもいるし・・・ホントのところどうなの?!って思ってる人多いですよね。ホントはどうなのか、その理由はなんなのか、など知りたいことをチェックしていきます!!

妊娠中だっておしゃれはしたいですよね。でもなんだか妊娠中の髪染め(カラーリング)はダメだって聞くような・・・。でもいったいどうしてそんな話があるの?気になるあれこれをチェックしちゃいます!

妊娠中の髪染める行為はどうなのか?

084162

カラーリングをするとなんだかお腹の赤ちゃんに影響があるからダメって話聞きませんでしたか?カラーリングの薬剤が毛穴や皮膚からしみ込んで血液に・・・って話。実はこれについての医学的根拠はないんだそうですよ。じゃあ髪を染めるときに妊娠中は特に何か気を付けることなんてあるんでしょうか?

妊娠前から髪の毛を染めている人がいきなり髪を染めないなんて・・・。

美容院でカラーリングするときは?

美容院でのカラーリングで気を付けることは?

妊娠中の美容院でのカラーリングの注意点

美容院で必ず「妊娠中」であることを伝えるようにしましょう!
妊娠中であることを伝えることによって、様々な配慮などしてくれる場合があります。たとえばシャンプーの際の姿勢を楽な高さに調整してくれたり、カラーリングでは肌に優しいものを教えてくれたり、場合によっては負担をかけないよう、カラーリングの薬剤を付けている時間を短くしてくれたりしてくれるところもあるといった話も聞きますよ。

気分が優れないと思ったら美容師さんに伝えよう!

様々な薬剤などを使用しているのが美容室。となると匂いだっていろいろあります。普段は大丈夫であっても妊娠中はその匂いがダメになっていることだって考えられます。よって、気分が悪くなったりしたときはすぐに伝えるようにしましょうね!

おうちでカラーリングするときは?

おうちで髪を染めるときに気を付けることは?

妊娠中にヘアカラーを自分でやるのは危険

すぐに手に入り、手軽でプチプラとありがたいことばかりの市販されているカラーリング剤ですが、妊娠中の使用はオススメできません。
というのも市販されているカラーリング剤は一般的に美容院で使用されているものより肌への刺激が強いものが多いそうなのです。いつもやってるから大丈夫!って思う人であっても使用するのはやめた方がいいですよ!「妊娠中や生理の時は、ヘアカラーのご使用を避けてください」と使用上の注意に書いているものもあるとのことなので、しっかり読んでみてくださいね!

パッチテストを必ずしよう!

普段使い慣れているものであってもパッチテストを行うようにしてください。
妊娠中はホルモンバランスが変わっていたりと今までとは違う身体の変化を起こすことだって考えられます。ちょっとめんどくさいと思いがちだと思いますが、ぜひとも実践してみてくださいね。

最後に

妊娠中だからといって美容に対して無頓着になってしまったり、美容を我慢することは必要ありません!
でも身体に負担をかけないよう、無理はしないようにしてください。正直、妊娠中より出産後の方がその”美容”にかけられる時間というのは激減してくるのが一般的かもしれません。
なので美容院に行くときはその旨も伝えて「すぐにセットができる髪型」であったり「今後カラーリングをする期間を長くできるように」といったようなリクエストをしておくのもオススメですよ!いつまでもカワイイ、素敵な女性でいれるようにしたいですもんね☆

PR