コーヒー好きには深刻な問題!「妊娠中にコーヒーを飲み続けているとどうなるの?」
158views

コーヒー好きには深刻な問題!「妊娠中にコーヒーを飲み続けているとどうなるの?」


妊娠したらコーヒーは飲まない方がいいってホント?

妊娠中にコーヒー

コーヒーは私たちにとってなじみの深い飲み物ですよね。コーヒーがとても好きで1日に何杯も飲んでしまう、なんて人も多いです。
しかし、妊娠中にコーヒーを飲むのはあまりよくないという話を聞いたことはありませんか?

コーヒーが好きな人にとってはとても重要なこの問題、実際のところはどうなのでしょうか。

どれだけ飲んでいるかが問題

結論から言えば、飲んでもOKです。ただし、何杯も飲むことでコーヒーに含まれているカフェインを過剰摂取してしまうとお腹の赤ちゃんに影響が出てしまう可能性があります。
1日に1~3杯程度であれば問題はありません。しかし、もしもそれ以上に飲んでいる人は注意が必要です。

コーヒーに含まれるカフェインでどんな影響があるの?

妊娠中にコーヒーを飲みすぎると未熟児

普通の量であればカフェインを摂取しても、まず問題はありません。先に触れているように飲みすぎて過剰摂取になってしまうことが問題なのです。
適切な量を守ればリラックスできる素敵な飲み物なのですが、リラックスできるからといって飲み過ぎると逆効果になってしまいます。
また、他のモノと同様、コーヒーを飲むことで摂取したカフェインも胎盤を通じて赤ちゃんへと届いてしまうことを忘れないようにしましょう。

未熟児になってしまう可能性

カフェインを過剰摂取していると、胎児の発育が遅れてしまうという影響が出る可能性が高くなります。

落ち着きがない子供になる!?

94dd097eeddd2c51e9f1c96e9d15edbb_s

カフェインは中枢神経を興奮させる働きがあります。イライラしたような状態になることも。ママのお腹の中でママと同じだけのカフェインを摂取していると、赤ちゃんはカフェインを自分で処理する能力がないためずっとカフェインにさらされた状態になります。その結果、生まれてからもグズグズ泣いたり、疳の虫がすごかったり・・・ということにもつながる可能性が指摘されています。

カフェインは胎盤を通り抜けるので、ママがカフェインを含む飲料を飲めば、赤ちゃんもお腹の中でママと同じ濃度のカフェインにさらされることになってしまいます。

鉄分不足になりやすくなる

カフェインと結びつくことで、体内の鉄分の吸収を妨げる働きをするようになるものがあります。せっかく食事のバランスを考えて鉄分をしっかり摂取できるようにしていても、コーヒーなどのカフェインを含む飲み物をたくさん飲んでしまうとそれらがちゃんと体に吸収されなくなってしまうのです。

カルシウムも同様にカフェインの影響で吸収が妨げられてしまいます。妊娠中は特に意識して摂取したい栄養素の吸収が2つも邪魔されてしまうとは・・・。

小児白血病のリスクが高くなってしまう!?

イギリスの大学の研究チームが妊娠中にコーヒーを飲んでいると小児白血病のリスクが高まるという調査結果を発表しています。
飲み過ぎなければ大丈夫、とはいわれても、もしかしたら生まれてくる赤ちゃんが病気の可能性が高まってしまうかも・・・と思ったらカフェインの摂取について何らかの対策を考えなければと思ってしまいますよね。

でも、大好きなコーヒーをずっと我慢するのはとても辛い!そんな時におすすめなものがあります。

妊娠中でも大丈夫!オススメの飲み

タンポポコーヒー

妊婦さんの間でも知られているのがこのたんぽぽコーヒー。名前はコーヒーですが、抽出したあとの色がコーヒーみたいに見えるのでコーヒーと呼ばれているだけで正確には「タンポポ茶」です。コーヒーとは全く違うので、もちろんカフェインも含まれていません。
これなら妊娠中だけではなく、産後も飲めるのでオススメです。

どうしてもコーヒーじゃなきゃ!ということであれば、ノンカフェインのコーヒーも販売されているのでそちらを利用するのもいいかもしれません。

PR