妊娠中に栄養ドリンクを飲んでもいいの?カフェイン、タウリンなどの効能は?弊害は?
865views

妊娠中に栄養ドリンクを飲んでもいいの?カフェイン、タウリンなどの効能は?弊害は?

悪阻や不眠など、妊娠中に栄養ドリンクを飲みたくなるシチュエーションはたくさんあります。でも、妊娠中に栄養ドリンクを飲んでも良いのでしょうか?栄養ドリンクの妊婦に影響する成分や選び方、飲み方についてまとめました。

妊娠中に栄養ドリンク!?ダメでしょ!?

c7ab02dd34797669a2a6a19fd6db8c7e_s

妊娠中は寝つきが悪くなったり、つわりであまり食べられなくなったり…。ワーキングマタニティの場合は仕事に差し障ることもあります。

そんなときにぐびっと1杯、栄養ドリンクを飲みたくなりますよね。
でも妊娠中に栄養ドリンクなんていいの?ダメなんでしょ?お腹の赤ちゃんに良くないですよね?

実は一概にダメとは言い切れません。栄養ドリンクの中には「産前産後授乳期の栄養補給に」と書かれているものもあります。
そこで妊娠中の栄養ドリンクの選び方や妊娠中に栄養ドリンクを飲む場合の注意点などをお伝えします。

妊婦とカフェイン

coffee-631767_640

「妊娠中に栄養ドリンクを飲んではいけない」と言われている一番の理由は栄養ドリンクに含まれているカフェインにあります。カフェインには興奮作用や覚醒作用があり、疲労回復感をもたらし、頭脳労働の効率を上げます。
しかし、妊娠中のカフェインの摂取しすぎは胎児に影響する恐れがあります。妊娠中には1日のカフェイン摂取量を200mg以下、あるいは300mg以下に抑えることが推奨されています。

栄養ドリンクに含まれているカフェインは50mg程度ですから、他の飲み物等でカフェインを摂りすぎなければ、たいていの場合は1杯くらいなら問題はないでしょう。しかし、カフェインに弱い体質の方もいますし、カフェインは胎盤を通して胎児に何らかの影響がある可能性があります。また、眠気覚まし用の栄養ドリンクなどは1杯当たり150mgもの大量のカフェインが入っていることもあります。

ノンカフェインの栄養ドリンクを出しているメーカーもありますから、妊娠中に栄養ドリンクを飲むならそういうものを選ぶのも良いでしょう。

http://food-faq.jp.net/modules/faq/?action=Detail&faqid=50
東京都の福祉保険局による世界の妊婦のカフェイン摂取目安量

妊婦とタウリン

栄養ドリンクの主要な成分にタウリンがあります。タウリンは胎児に影響はないのでしょうか。
実はタウリンは胎児の形成にとても役立つアミノ酸です。妊娠中はタウリンをたくさん消費するのです。しかも、母体の疲労回復にも良い成分です。
もちろん、食事からタウリンを摂ることがベストですが、どうしても倦怠感が取れないときなどに栄養ドリンクを飲むことは悪いことではないでしょう。

妊婦とビタミンB群

疲労回復効果があるビタミンとして、多くの栄養ドリンクにはビタミンB群も多く含まれています。
ビタミンB群は胎児の正常な発育に欠かせない微量栄養素です。
それだけではありません。ビタミンB6はつわりの予防や軽減に役立つことが知られています。

妊婦とアルコール

wine-681363_640

栄養ドリンクにはアルコールが含まれているものもあります。近年では妊娠中は少量であってもお酒を飲まないほうが良いというのが常識となっています。
栄養ドリンク中のアルコールは含まれていても一般の食事中のアルコール程度の気にならない量であることが多いのですが、中にはアルコール濃度が高めのものもあります。
妊娠中に栄養ドリンクを摂るならできればノンアルコールタイプの商品を選んでください。

妊婦と糖分

栄養ドリンクって甘いですよね。疲れを取るために栄養ドリンクには糖類がたっぷり配合されているものが多いのです。
妊娠中に甘いものは適量ならかまいませんが、摂りすぎは肥満や妊娠糖尿病の原因にもなります。

妊娠中に栄養ドリンクを飲むなら…

これまで紹介してきたように栄養ドリンクは妊婦にとって功罪それぞれあります。
これらを踏まえて妊娠中に栄養ドリンクを飲むなら、まず用法、用量を守って飲みすぎないことを必ず守ってください。
最近はママ用としてノンカフェインノンアルコールの栄養ドリンクや更に女性に嬉しい成分を強化した栄養ドリンクも売られていますからそういうものを選ぶのも良いですね。

PR