お腹の赤ちゃんとご自身のため、妊婦は生魚を控えましょう
42views

お腹の赤ちゃんとご自身のため、妊婦は生魚を控えましょう

妊婦が生魚を食べてはいけない理由としては、水銀を含んだ魚の摂取が胎児に悪影響を及ぼす事が医学的に検証されている点が挙げられます。更に母体の免疫力も低下しているため、食当たりなどのリスクも高く、腹痛が流産を誘発する危険性も見逃せません。妊婦は生魚も我慢するのがベストです。

どうして妊婦は生魚がダメなの?

妊婦の生魚制限

妊婦は生魚を食べてはいけない・・・とりわけ出産経験をお持ちの方であれば、頭の片隅に残っている豆知識かと思いますが、具体的なその理由、皆さんはご存知でしょうか?「むしろ新鮮な生魚は栄養満点で、お腹の赤ちゃんの発育にもプラスに思えるんだけど・・・」といった意見も聴こえて来そうですし、確かにこちらの見解も説得力十分です。果たしてどちらが本当に正しく、その理由や注意すべきポイントは何なのか、この場を通じて一緒に検証していきましょう。

絶対栄養価満点だと思うんだけど、何がいけないの?

日常の食生活を通じ、意識する場面は皆無同然かと思いますが、私達の食卓に並ぶ生魚の中には水銀を含む食材も見られます。免疫力が非常に乏しい、母体内で生育中の赤ちゃんにとって、これは大変危険な物質であり、母親の血液を通じての流入は絶対に避けねばなりません。ちなみに医学的検証結果として、母体内で水銀を摂取してしまった赤ちゃんは、音に対する反応が鈍くなってしまう悪影響が確認報告されており、小さな命の今後の人生を思いやるのであれば、こうしたリスクは未然に防いであげるのが、母親を始めとする周囲の大人達の当然の義務なのです。

生魚摂取のリスク

生魚の摂取が運ぶリスクは胎児に限らず、母親の健康状態にも影響を及ぼし兼ねません。何より妊娠中の女性の免疫力は、平常時と比較して大きく低下します。体内の栄養素を全て胎児最優先に与えるメカニズムが発動する為、普段なら平気な食べ物や飲み物の摂取で、食当たりや食中毒を発症する確率が高くなっているのです。こうした消化器系のトラブルの場合、便を排出する際に腹筋を過度に他用する事となり、流産の危険にも繋がってしまうのです。

全てがお腹の赤ちゃん最優先。母親の免疫力は大きく低下します。

妊婦の生魚摂取のリスク

更に妊娠中は市販の薬の服用にも細心の注意が不可欠です。お腹が痛いからと安易に下痢止めなどの服用には及べず、免疫力が低下した体調での自力治癒となり、更なる体力の消耗が避けられません。魚に限らず生物のリスクは皆さんもご存知の通りです。僅か1年にも満たない妊娠期間、何よりお腹の赤ちゃんとご自身のため、生魚を我慢する事は決して苦痛とは言えず、母親としての1つの義務だと捉える姿勢が求められます。

どうしても食べたい・・・どうする?

「妊婦は生魚がNG」の理由は水銀含有リスクに在ります。ならば絶対に水銀を含んでいないと断言出来る生魚であれば、食べても大丈夫との理屈が通るでしょう。ですが先に述べた通り、母体の免疫力低下が誘発する食あたりを回避する上でも、やはり生物の回避を強くお薦めします。どうしてもお寿司を食べたい、刺身を食べたいという場合、炙ってあるネタ、ボイルされているネタなど「加熱処理が施された食材」を選んでください。また回転寿司の場合、調理から長時間回り続けている皿も混在しているので、目の前で職人さんが調理してくれるお店をチョイスしましょう。実際の調理過程をご自身の目で確認出来る環境もまた、お腹の赤ちゃんにとって重要なポイントなのです。

握られて長時間経過の生のネタ。それでも食べますか?

妊婦が魚を摂取する場合

PR