しっかり栄養をとって元気な赤ちゃんを!妊娠中に必要な栄養素はこれだ!!
13views

しっかり栄養をとって元気な赤ちゃんを!妊娠中に必要な栄養素はこれだ!!

妊娠中に必要な栄養素って気になるところですよね。一体何を積極的にとるべきなのか?それがどんな効果があるのかなど気になることをチェックしていきましょう!これを参考にして元気な赤ちゃんを産みましょうね☆

妊娠したからといって極端に食生活などが変わるわけではないのですが、でもどうせなら赤ちゃんにママにいい食事を心がけていきたいって思いますよね?でもどんなものがいいのか?何にいいのかなど知りたいことってたくさんありますよね!そんな知りたいことをチェックしていきますよ!

妊娠中に必要な栄養素ってどんなもの?

【葉酸】

妊娠中に必要な栄養素は葉酸

やっぱり真っ先に思いつくのが”葉酸”ですよね。病院でも「葉酸を取ってくださいね。」って言われた人も少なからずいるのではないでしょうか?葉酸というのは妊娠初期に特に取っておくと良いとされていています。この時期に葉酸を取ることで胎児の”神経管閉鎖障害”といった先天異常の発症リスクを抑えることができるそうです。他にも脳の発育や、神経の形成を助ける働きがあるとのこと。できたら妊娠前から摂取を心がけることがいいそうですよ。

葉酸は妊娠期に1日で400μgを摂ることが推奨されているそうですが、だからと言ってたくさんとるということはダメだそうで、1日に1000μgを超えるような量をとると今度は生まれてくる赤ちゃんが喘息もちになったりすることもあるそうです。何事もほどほどがいいようですね。

ちなみに食材で葉酸の含んでいるのが多いものは・・・・ホウレンソウ(2株60g)で126μg、アスパラガス(3本)で114μg、枝豆(80g)で141μg、ブロッコリー(2房)で105μg、納豆 (中1パック、50g) で60μgなどがあります。緑色の野菜に多いって感じですね☆

【鉄】

妊娠中に必要な栄養素は鉄分

妊娠するとお腹の赤ちゃんへの酸素の供給が始まります。なのでそれを運んでくれる血液内のヘモグロビンがとても大切になってくるのです。ヘモグロビンが働いてくれるには血液の流れがしっかりとしている必要があり、それを作り出すためには鉄分の補給が大切になります。そして妊婦さんはよく貧血状態になることが多くなり、そうなると胎児への影響も懸念されてきます。よって妊娠中は鉄分の摂取が1日に20mg摂ることが理想とされているとのことです。

鉄分を多く含む代表としてあげられるのがやはりレバーなのですが、レバーはビタミンAを多く含む食材です。妊娠中はこのビタミンAの摂取を控えるほうがいいとされているので過剰摂取は控えるほうがよさそうです。

【亜鉛】

妊娠中に必要な栄養素は亜鉛

亜鉛もお腹の赤ちゃんの成長にとって大切な栄養素のひとつです。赤ちゃんはお腹の中で細胞分裂によって様々なものがつくられていくのですが、その細胞分裂を促す働きをしてくれるのがこの亜鉛なのです。よって亜鉛不足になってしまうとその成長が妨げられ、低身長、低体重といった子供が生まれてくることもあると言われています。

亜鉛については食品で取る場合圧倒的に含有量が多いのは牡蠣になります。牡蠣の場合好き嫌いもありますし、季節的なものもあります。ということでオススメの食材は牛肉です。牛肉は良質なタンパク質源でもあるので、ぜひともとっておきたい食材ですね!

様々な栄養素が必要!

他にもカルシウム、DHA、EPAなどが摂取した方がいいとされています。これをみると妊婦である期間というのは胎児への影響などを考慮した食生活をした方がより一層いいということになりますよね!でも妊娠初期などは悪阻などがあって満足に食事すらできないことが多いです。その時は「○○食べなきゃ!」などと無理して食べたりするとそれがもとでストレスとなってしまうこともあります。食事でストレスなんてとってもツライことだと思うので、自分の身体に無理が内容に栄養素の摂取を心がけてくださいね!そして食品からだけでは取りにくそうなものの場合はぜひともサプリメントを利用してください!(妊婦さんにオススメの栄養素をまとめた便利なものもありますよ!)

PR