乗り越えなければならない妊婦の試練!妊娠で内診はやっぱり痛いの?
99views

乗り越えなければならない妊婦の試練!妊娠で内診はやっぱり痛いの?

赤ちゃんを妊娠したことはとっても嬉しいけれど、やっぱり一番嫌なのは妊娠で内診検査を行うことではないでしょうか。内診台の上にのって大切な部分を見せるのは恥ずかしいし、ちょっとした恐怖ですが、健康な赤ちゃんを無事に産むためには必要なことです。内診が痛くならないようにするにはリラックスすることが大切です。

初ママは頑張って!妊娠で内診検査

妊娠で内診検査は通らなければならない道です

妊娠で内診検査は通らなければならない道です

妊娠で内診検査は、健康な赤ちゃんを産むためには大切な検査でもあるので、避けて通ることはできない道です。

頭では解っているけれど、やはり初ママにとってはかなりの恐怖なのではないでしょうか。

そこで内診検査はどういったことをするのかをご紹介いたします。

カーテンで上半身から上は隠れます

カーテンで上半身から上は隠れます

妊娠で内診検査を行う場合は、内診室へ通されます。

カーテンが上の部分だけつけられており、下着をとって内診台に上らなければなりません。いくら顔が隠れているからと言って、下腹部だけをやはり医師に晒すのは相当恥ずかしいものですが、出産間近になる頃には、何度か内診検査が行われるので、だんだん慣れてくるので精神的にも強くなっていきますよ。

視診があります

外陰部や膣の状態をみます。

触診があります

指を入れて触って確かめます。出産間近になると子宮口がどれだけ開いているかを調べる必要があります。また赤ちゃんがどの程度下に降りているかどうかを調べることによって、どれだけ出産に向けて身体が準備ができているかどうかを調べていきます。

膣鏡診があります

膣鏡という器具を入れて膣の内部を診察します。

経膣超音波検査

経膣超音波検査ではお腹にいる赤ちゃんの状態や膣や子宮の中の様子を調べることができます。

内診は妊婦検診のどの時期に行うの?

内診は妊婦検診のどの時期に行うの?

内診検査は妊娠したばかりの最初の時期とお腹の赤ちゃんが大きくなってきた妊娠後期の時期に行います。

安定期の時期は妊娠経過が順調であれば内診検査を行うことはありません。内診は頻繁に行う検査ではないので、その点だけでも、妊婦さんの肩の荷が下りるのではないでしょうか。

やっぱり痛いの?

やっぱり痛いの?

検査は器具などを入れた場合には、やはり多少の痛みを伴うものですが、数秒から数分で終わることがほとんどです。

緊張して身体をこわばらせていると、器具が中へスムーズに入らないため、痛みがあります。検査を行うときは深呼吸をしてできるだけリラックスするようにしましょう。

内診検査があるときは、生理用のナプキンを持参

内診検査で出血があることもありますので、妊娠検査がある間は、ポーチの中に生理用ナプキンを入れておくと助かります。

検査日はスカートを着ていきましょう

検査する日は、スカートを着ておくと大変便利です。

妊娠後期の検査は痛いので覚悟を!

妊娠後期の時期の検査は機械を入れるため、痛みが伴いますので、できるだけ深呼吸をしてリラックスした状態で臨みましょう。

臨月になると陣痛を促すために刺激されることも

臨月の時期には、陣痛が早く来るように、卵膜剥離を行うために、子宮口を手でグリグリと刺激される場合もあります。かなり痛いので覚悟しておきましょう。

検査後出血が続くならしばらく安静に

内診検査後に出血がある場合もあります。出血がある場合は、内部が検査の時に傷ついている場合もありますので、出血が止まるまで安静にしておきましょう。

少量の出血であれば問題はありませんが、入浴は湯船に浸かるのはやめて、シャワーのみにしておきましょう。臨月の時期はおしるしである場合もあるので、その場合は、すぐに病院へ連絡をし指示を仰ぎましょう。

PR