妊娠中はおならに悩まされる?妊娠初期と後期では違うおならの原因
47views

妊娠中はおならに悩まされる?妊娠初期と後期では違うおならの原因

妊婦さんにはいろいろな悩みが尽きないもの。 妊娠中はおならに悩まされる人も少なくありません。 妊娠したら女を捨てたなんて夫に思われたくなくてついおならをがまんして…ストレスになってしまうなんてことも。 そんな妊娠中のおなら、なんとかならないのものかリサーチしてみました!

妊娠中はおならに悩まされるなんてこと、だれも想像していなかったことでしょう。

でもけっこう困っている妊婦さんは多いものです。おならを気にしない人ならあまり困らないかもしれませんが、やはり時と場所を選ばないだけに心配になってしまいます。

しかも、胎動とおなかにたまったガスの区別がつかず、はじめての胎動が分からなかったなんて失敗も耳にします。そこで、今回は妊娠中のおならについて知っていきましょう。

妊娠中はおならに悩まされる?

妊娠中に増加するホルモンのせい?

普通の体でしたら食物繊維をたっぷりとったときや、食事の時に空気もたくさん食べてしまった、便秘などがおならの原因となるでしょうが、妊娠中になぜおならが増えるのでしょうか?

妊娠期間を通しておならが出やすい原因のひとつは、妊婦さんがなりやすい便秘です。妊娠中は黄体ホルモンのプロゲステロン増加の影響により、どうしても便秘になりやすくなってしまいます。

このホルモンは腸の動きを鈍くするので、便秘になる上、ガスが発生しやすくなってしまいます。このため、おならの量も回数も増えてしまうというわけで、発生したガスがお腹にたまっていき、悪玉菌が増殖したこのような腸内環境では、おならのニオイもくさくなってしまいます。

妊娠初期の胃腸機能の低下

おならも妊娠初期と妊娠後期ではその原因が違ってくるようです。

妊娠初期はつわりに悩む方も多いでしょうが、吐き気があったり、食べ物の好みの偏り、アイスクリームなど冷たいものを無性に食べたくなったりと胃腸機能が低下してしまうような状態が続くことがあります。

妊娠していない時にはあまり気にしたことのない良い腸内環境の人であっても、消化不良をおこすこともあります。

妊娠初期の胃腸機能の低下

妊娠後期の腸の圧迫

妊娠後期は、お腹も大きくなり、そのことで大きくなった子宮が腸を圧迫します。

腸が圧迫されると、さらに便秘になりやすくなってしまいます。その上、便秘になってもトイレで力むのことを怖がる気持ちも出てきてしまい、さらなる便秘に悩まされます。そうしておならも多くなり、臭いもくさくなります。

病院で処方された鉄剤を飲んでいることで便秘に拍車がかかっていることもありえます。便秘で苦しく悩んでいるときは、かかりつけの産婦人科医に相談するといいでしょう。妊娠中でも安心して服用できる便秘薬を処方してくれます。

妊娠後期の腸の圧迫

おなら対策には便秘解消が必要

どうやら、妊娠中におならに悩んでいる原因を探っていくと、便秘対策が必要なことが分かってきました。

妊娠の経過が順調であれば、適度な運動は便秘改善の近道です。ウォーキングやマタニティヨガといった体に無理のない妊婦さん向けの運動を心がけましょう。

また、妊婦さんは水分不足になりがちですので、こまめな水分補給を意識して行いましょう。その時は体を冷やすような飲み物は避けて、できるだけ体を温めるようにすることで胃腸の機能も向上するでしょう。

おならタイムで我慢しない

食事内容の見直しは必要です。腸内環境を改善する乳酸菌などの善玉菌を増やすようにしたいものです。

最近、乾物のヨーグルト戻しが話題になっていますが、例えば切り干し大根には食物繊維が豊富ですし、ヨーグルトの乳酸菌・カルシウムなどが加わって母体におすすめできます。

あまり、おならを気にするとかえってストレスになり、そのストレスは腸内環境をさらに悪化させます。トイレに入った時やお風呂など少しでも気が許せるおならタイムを作って、我慢しすぎないようにしましょう。

PR