胎芽とは?妊娠6週目に入ったママと赤ちゃんの変化
60views

胎芽とは?妊娠6週目に入ったママと赤ちゃんの変化

胎芽とは、何でしょうか?これは、赤ちゃんのことです。妊娠6週目に入ると、いよいよ胎芽と呼ばれる赤ちゃんが確認できる時期になります。こちらでは、妊娠6週目のママと赤ちゃんの様子や変化について解説します。

胎芽とは?

胎芽とは、何のことかご存じですか?

胎芽とは、赤ちゃんのことです。妊娠6週目頃になると胎嚢の中に確認できるようになります。では、どのような様子なのでしょうか?

こちらでは、妊娠6週目頃のママと赤ちゃんの様子や変化についてお話します。

妊娠6週目頃のママの身体

子宮が大きくなってくる

子宮が大きくなってくる

子宮は、少しずつ大きくなっていきます。妊娠6週目頃では、2Lサイズの鶏卵くらいになっています。一般的なスーパーでは、Lサイズの卵しか置いていませんが、2Lと言うと、それより一回りは大きいサイズになります。

けっこう大きくなっていることが分かりますよね。ちなみに妊娠していない時の子宮はSサイズくらいです。Sサイズ→2Lサイズになるって、けっこうな変化ですよね。

つわりが本格化する

つわりが本格化する

妊娠6週目頃になると、つわりを感じ始めるママが増えます。つわりは妊娠6週~8週目くらいがピークです。それを過ぎると12週目頃から落ち着いていきますが、それまでは、吐き気がしたり身体がだるくなったり、食の好みが変わったりします。臭いに敏感になる人もいます。

つわりが起こる原因は、まだはっきりとは解明されていませんが、ママや赤ちゃんを守るための防衛反応であったり、ホルモンバランスの乱れであったり・・・などと言われています。

逆に、つわりの全くない人もいます。そのため、この頃になっても妊娠に気づかないというママもいます。つわりがないと、「防衛反応が働いていないの?お腹の赤ちゃんは大丈夫?」と思う人もいますが、これは全く問題ありません。

つわりが無くても赤ちゃんは無事に育ちますし、つわりの酷い人からすれば、むしろつわりが無くて羨ましいと思われるくらいです。つわりの有無とお腹の赤ちゃんの成長には全く関係が無いので、安心してくださいね。

妊娠6週目頃の赤ちゃんの様子

妊娠6週目頃の赤ちゃんの様子

胎嚢の中に胎芽が見え始める

妊娠6週目頃になると、胎嚢が15から40mmに育ち、赤ちゃんである胎芽が見られるようになります。胎嚢の大きさにかなり差があるのは、6週目の中でも1日目なのか6日目なのかという、細かいですが日数の違いがあるからです。

その他にも排卵日にズレがあったり、計測する時のカーソルの当て方が違ったりして、誤差が生じる場合があります。いずれにしても、前回より大きくなっていれば問題ないので、大きさを気にする必要はないでしょう。

生殖器が作られ始める

赤ちゃんの心臓や脳、手や足などは妊娠4週目頃から少しずつ作られていきます。そして、6週目に入ると、今度は生殖器が作られるようになります。

むろん、赤ちゃんの性別は受精した瞬間に決まっています。しかし、生殖器は最初からあるわけではなく、この頃になって形成され始めます。

赤ちゃんの性別を早く知りたいというママ、パパは多いですよね。とても気になるところではありますが、残念ながらこの時期には、まだ判別することはできません。エコーで確認できるようになるのは早くても16週目頃でしょう。つわりが落ち着いて、体調も安定してきた頃と思っていてください。

champagne-1110591_640

妊娠6週目は、「絶対過敏期」と言って、市販薬やアルコールの影響を受けやすい時期です。妊娠が分かった時には、飲まないように気を付けましょう。

まだ妊婦健診に行っていなくて、妊娠しているかはっきりしないという人も、赤ちゃんに影響するため、飲まないようにしてください。

PR