妊娠中に避けた方が良い食品はマグロだなんて知っていましたか?刺身やおすしも危険が!
152views

妊娠中に避けた方が良い食品はマグロだなんて知っていましたか?刺身やおすしも危険が!

妊娠中に避けた方が良い食品があります。厚生労働省の発表によると、マグロなどの魚には、標準量以上のメチル水銀が含まれており、胎児の神経組織形成に問題があることが判明しています。魚以外にもタブー食品がたくさんあります。

厚生労働省によって発表されました!

妊娠中に避けた方が良い食品はマグロ

妊娠中はお腹の赤ちゃんのためにも、赤ちゃんの健康に害のない食べ物を食べたいものです。飽食と言われているこの時代ですが、その反面、食の安全性についても問題視されています。厚生労働省で発表されたデーターによると、妊娠中は魚に含まれるメチル水銀の量に気をつけなければならないと言われています。日本人の食卓の上によく並ぶ魚の一つとして、マグロが挙げられます。そのマグロですが、なんと妊娠中はマグロの摂取量を週に一度80グラムまでしか食べてはいけないのです。

妊娠中に避けた方が良い食品マグロ!メチル水銀とは

メチル水銀がマグロに含まれているだなんて、産業排水の影響なの?と思う方もいるかもしれません。もともと海の水には水銀が微量含まれています。海の水を飲んだ微生物が身体の中でメチル水銀へと変化をさせ、微生物を食べた小魚にメチル水銀が溜まります。すると小魚を食べた中くらいの魚のお腹の中にもメチル水銀が溜まり、最終的には、海の中の食物連鎖の頂点に立つ大きな魚、つまりマグロに濃縮されたメチル水銀が大量に溜まってしまうのです。

赤ちゃんにどんな影響があるの?

ではメチル水銀はお腹の中の赤ちゃんにどのような影響があるのでしょうか。胎盤は、お母さんの栄養分が赤ちゃんに送られるパイプ的な役割を持っています。胎盤を通してメチル水銀が送られてしまい、送られてしまったメチル水銀の毒を赤ちゃんに受けてしまうのです。国立環境研究所の研究によれば、メチル水銀は神経細胞に影響を与えることが解っています。胎児の神経細胞が作られている時期にメチル水銀を摂取してしまうと、奇形児が生まれてくるリスクが高まってしまうのです。

妊娠中に避けた方が良い食品はお刺身やおすし!

妊娠中に避けた方が良い食品はマグロ!特に刺身は避けて

妊娠中は生の魚はなるべく食べないようにしましょう。魚に含まれるメチル水銀はもちろんのこと、生の魚には、目に見えないバイ菌やウイルスが付着していることが多々あります。加熱処理をすると、ほとんどその害は消えますが、生の状態で食べる刺身やおすしは残念ながら諦めなければなりません。妊娠期間中は免疫力も落ちているときなので、感染のリスクも高まるからです。

卵かけご飯はNGだなんて残念!

妊娠中に避けた方が良い食品はマグロ以外に卵かけご飯も

朝食にアツアツの白いごはんに卵をかけて、おしょうゆをたらす!卵かけご飯大好きという方もいるかもしれませんね。しかし妊婦の皆さんに残念なお知らせがあります。実は卵かけご飯もNGなのです。生卵の殻の部分には、サルモネラ菌がいます。卵を割った時に、サルモネラ菌がどうしても付着してしまうため、菌ごと食べてしまうことになります。下痢になってしまうと、流産しやすくなってしまうので、生卵も残念ながら、妊娠中に避けた方が良い食品なのです。

ヒ素が含まれているだなんて!

妊娠中に避けた方が良い食品はマグロ以外にひじきも

健康そうな日本のおかずと言えば、ひじきの煮物が挙げられるのではないでしょうか。しかし残念ながら、このひじきの中にも発ガン性物質のヒ素が含まれているのです。でもこのヒ素はなんと、水洗いをするとヒ素の量を減らすことができるのです。煮物を作る前に、ひじきをボールに入れて水洗いを繰り返しましょう。するとヒ素の量が七分の一程度まで落とすことができるのです。毎日食べるのは、害がありますが、ひじきには、妊娠中に不足しがちな鉄分や食物繊維が含まれているので、小鉢に一杯程度を三日に一度ぐらい食べても、胎児には影響がなさそうです。

PR