妊娠線の予防に効果的なクリームの塗り方とオイルの使い方とは?
34views

妊娠線の予防に効果的なクリームの塗り方とオイルの使い方とは?

妊娠線を作らないためにはクリームの塗り方とオイルの使い方がポイントです。クリームは適量を優しく塗ることが基本です。強くこすると肌への負担になるのでやめましょう。また、オイルは肌を保護のためにクリームを塗る前に薄く塗る程度に使いましょう。経皮毒のことを考えて低刺激、天然成分でできたものを選びましょう。

クリームの塗り方とオイルの使い方で妊娠線を予防!

クリームの塗り方とオイルの使い方で妊娠線を予防!

妊娠線を作らないためには保湿と皮膚を柔らかくすることが必要です。

そのために使いたいアイテムはクリームとオイルです。しかし、世の中には多くのクリームやオイルが売られています。どのようなポイントで商品を選べばよいのでしょうか?

気にしていますか?肌から入る毒

気にしていますか?肌から入る毒

クリームもオイルも妊娠線のできやすい、お腹、太もも、二の腕、胸などに直接塗ることで効果が発揮します。ここで知っておきたいのは経皮毒です。経皮毒とは皮膚から入る、毒のことです。

口に入れるものと違って、多くの人は肌に塗るものに無頓着になりがちですが、実は普段からわたし達の体には多くの毒が皮膚から入っていると言われています。

経皮毒はどんなものに含まれている可能性がある?

経皮毒はどんなものに含まれている可能性がある?

例えば、安く売られているシャンプーや石鹸、洗顔料には多くの化学薬品が含まれており、中には肌に入り体内に蓄積するものもあります。

また、食器洗剤や洗濯洗剤も汚れを落とす洗浄成分の他に多くの化学物質があります。肌に湿疹などができなくとも、これらの化学物質は肌を通じて、体内に入ります。

女性は毒が子宮に溜まりやすい

一説には最近の女性が帝王切開などで子宮を開くと「シャンプーの香りがする」とまで言われています。良い香りだけが体内にあるなら良いのですが、それとともに人工的な何かも体内にあり、そしてそのために体力を低下させたり、ホルモンバランスを乱していたり、あるいは気がつないうちに不妊の原因になっている可能性もあります。

食べ物だけでなく肌に塗るものへも注意して

食べ物だけでなく肌に塗るものへも注意して

このような経皮毒は妊娠していない時に比べて妊娠中により多く体内に入るとも言われています。そのため、妊娠中は口に入れるものだけでなく、肌に塗るものも出来るだけ自然なもの、低刺激なもの、天然成分だけで作られているものなどを選ぶようにしましょう。

クリームは適量を優しく塗るもの

クリームは適量を優しく塗るもの

納得できるクリームを選んだら、次は正しい塗り方を知っておきましょう。

クリームを塗るときには優しく塗ることと適量を塗ることが大切です。クリームを強くこするように塗ったり、塗り込むことは肌を無駄に刺激することなので、あまり効果がありません。クリームの成分は優しくなでるように塗って十分に効果を発揮します。

また、クリームの量は多ければ多いほど良いとは限りません。クリームの成分は1度に塗って最高の効果が出るようになっています。少なすぎると効果は薄く、多すぎると肌荒れやテカリなど原因になります。

オイルはクリームを塗る前に使う

オイルはクリームを塗る前に使う

クリームを使う人はオイルを使うことに抵抗を感じるかもしれませんが、クリームはオイルと一緒に使うことでより高い効果が期待できます。

また、クリームでは刺激が強いときでもオイルならより低刺激で肌を保護する効果が期待できます。妊娠線を予防するためには、肌をやわらくすることが何よりも大切ですが、クリームに比べて自然な成分であるオイルは肌をリラックスさせる効果があります。

肌を柔らかくなったことを確認して、余計な油分を拭き取ったあとでクリームを塗ると、クリームの成分が優しく肌に浸透します。このようにクリームは塗り方に、オイルは使い方に気をつけることで妊娠線をより効果的に防ぐことができます。

PR