胸に妊娠線を作りたくない人にやって欲しい3ステップ予防策
87views

胸に妊娠線を作りたくない人にやって欲しい3ステップ予防策

妊娠するとできてしまう妊娠線が胸にできてしまう理由と妊娠線を防ぐための3ステップを紹介します。

ママになっても胸に妊娠線はできて欲しくない!

ママになっても胸に妊娠線はできて欲しくない!

妊娠して赤ちゃんのために良いママとして覚悟を決める女性は少なくありません。

むしろ、妊娠したことで、より自身の体を女性として誇らしく思う女性も多いでしょう。しかし、ママとして頑張る気持ちと同じくらい、女性としての美しさを保ちたいという気持ちもあるのが本音ではないでしょうか。

とくに妊娠によってできる妊娠線は一度できるとなかなか消えないものです。腹部やふとももにできることが多い妊娠線ですが、実は胸にもできるのです。胸は女性を象徴するほどの部位。

だからこそ、この胸に妊娠線ができてしまうと、かなりショックを感じるという人は少なくありません。胸に妊娠線ができると授乳のときだけでなく、性生活のときにもかなり気になってしまいます。

なぜ妊娠線はできてしまうの?

なぜ妊娠線はできてしまうの?

妊娠線は妊娠に伴って、急激に体脂肪がつくときに、皮膚が十分に伸びることができないためにできる皮膚の亀裂です。

本来なら、皮膚は体が大きくなるにつれて、伸びて大きくなるものですが、妊娠中は再生する速度が間に合わないほど早い速度で太ってしまうことがあるため、表皮は伸びても、真皮層や皮膚組織が伸びることができずに亀裂線が入ってしまうのです。

胸の妊娠線を防ぐために、あまり太らないようにしようと思っても、妊娠中は体重がそれほど増えなくとも胸やお腹、太もも、二の腕に脂肪がついてしまうことがあります。このようなことを避けるたいからといって、妊娠中にダイエットするのは厳禁です。

もちろん、体重の増やしすぎは問題ですが、正常の範囲で体重を増やすのは赤ちゃんの健康のために不可欠なことです。大切なのは体重が増えても、脂肪たついても、妊娠線ができないようにすることです。

妊娠線を予防するための3ステップ

胸の妊娠線はできやすい人とそうでない人がいます。

妊娠線ができやすい人の特徴は多胎妊娠、小柄な人、胸の大きい人です。しかし、このような特徴があっても、妊娠線をできにくくする方法があります。そのポイントは大きく3つあります。それは温めて、乾燥を防ぎ、マッサージをすることです。

【1】まずは、“冷えは大敵”と心得る

まずは、“冷えは大敵”と心得る

妊娠線を予防するとき、冷えはもっとも大きなリスクになります。その理由は冷えは体の組織を固くしたり、新陳代謝の速度を低下させるからです。

皮膚の再生には新陳代謝は重要なポイントで、かつ、皮膚が柔らかくあることは皮膚や組織の伸縮性が高いということです。そのため、冷やすことは、それだけで妊娠線のリスクを増大させることになると知っておきましょう。

【2】次に、乾燥の破壊力を知ろう

皮膚のトラブルの元凶とも言える乾燥は、妊娠線においてもマイナスな効果しかありません。

乾燥によって肌が乾くと皮膚に亀裂がはいりやすく、また、そのような肌は再生されにくい状態です。そのため、妊娠中は顔だけでなく、胸回りもしっかりと保湿することを心がけましょう。

そのとき、便利なのはベビーオイルです。

刺激が少なく、肌馴染みのよいベビーオイルは肌の乾燥を防ぐ効果も抜群で、なおかつ、赤ちゃんが生まれたら、一緒に使うこともできます。オイルが余っても無駄にすることがないので、お得ですね。

【3】最後は、マッサージで最強の予防を施す

最後は、マッサージで最強の予防を施す

妊娠線の予防にとって、マッサージするは最強の方策です。マッサージすることで、皮膚や細胞組織、筋肉などが柔らかく保つことで妊娠線が入りにくくすることができます。

また、胸のマッサージは乳腺の発達を促す効果もあるため、授乳の準備にもなります。つまり、胸のマッサージはママのためにも赤ちゃんのためにもなるので、一石二鳥の方法です。

PR