眠りづわりはいつまで続く?起こる原因と対策をご紹介!
1,184views

眠りづわりはいつまで続く?起こる原因と対策をご紹介!

眠りづわりは妊娠中にどんな時も眠くて仕方がないと感じるもの。つわりといえば気持ちの悪いものと有名ですがそれだけではなく、強い眠気もつわりのひとつといわれています。ここでは、眠くてたまらない眠りづわりはいつまで続き、その原因は何で上手に乗り切るための対策を解説します。

眠りづわりってどんな症状?

眠りづわりの症状

妊娠してから眠くて仕方がない、たくさん寝ても眠気がとれないなどのようにいつも眠いと感じる症状があります。また、ちょっと気を抜いた時にうとうとして居眠りしてしまうことも。眠気のために集中力が続かなくなったりぼーっとすることが増えたりします。

いつまで続くの?

眠りづわりの期間

眠りづわりは妊娠のごく初めの頃からあることが多いと言われています。中には強い眠気から妊娠に気づいた方もいるほどです。
また、気分が悪くなるつわりが安定期に入ると落ち着いたという方もいれば臨月まで続いたという方もいます。なので、眠りづわりについても同じことがいえるのでいつ終わるのかは個人差があります。

なぜ起こる?

妊娠すると分泌が盛んになるホルモンにプロゲステロンがあります。プロゲステロンは妊娠を継続させるための働きをします。
胎盤をつくったり赤ちゃんが育つために子宮を大きくしたりするためには、子宮を安静にさせる必要があるため、つわりを起こして動きすぎを防ぐともいわれています。

働く人の眠りづわり対策

仕事をもつ妊婦さんも少なくない現代では眠い状態でも仕事をしなくてはならない時があります。その時の対策法は次のようになります。

職場で妊娠していることを公表する

働く人の眠りづわり対策職場へ報告

妊娠していることは職場の人たちに早めに知らせましょう。妊娠を周囲へ知らせずにいたために迷惑をかけた時妊娠がばれると、あまり良い印象をもたれないこともあります。
つわりといえば吐き気という認識がある中で眠りづわりへの理解は難しいかもしれませんが、妊娠についての情報などを元に説明しておきましょう。妊娠出産経験のある職場の仲間と話をすると、スムーズに話ができると期待できます。

仕事のストレスを軽減する努力を

働く人の眠りづわり対策ストレスの軽減

ストレスが強くなるとつわりもひどくなるという説もあります。もちろん妊娠にもストレスはよくありませんので、仕事上のストレスを感じるときは取り除く努力をしましょう。これまで続いていたツライことから解放されるきっかけにしてみては。

口を動かす

働く人の眠りづわり対策口を動かす

妊娠前の眠気覚ましと言えば、コーヒーやたばこだったかもしれませんがどちらもやめなくてはなりません。特にタバコは厳禁です。今までどれだけ禁煙を決意してもできなかったという人でも妊娠で止められた人もいます。
その代わりにキャンディやガムを口に入れてあごを動かしてみましょう。口の中に刺激があると、何とか起きていられます。飲み物を少しずつ飲みながら仕事をする方法もあります。

休日にはよく眠りましょう

仕事が休みの日は特に体をよく休めてあげましょう。休みの日こそ、時間が許す限り眠りたいだけ眠るのがおすすめです。
また、休日に限らず仕事は家へ持ち帰らず妊娠前よりも早めに休みます。夜しっかり寝ることができないと、日中の眠りづわりが悪化することも考えられます。

働く人の眠りづわり対策休日に睡眠

夕方以降につらくなるときは

一日の疲れがたまってくる夕方以降は、症状が強くでてしまうことも。外での仕事をしていない人でも同じようになることがあります。
これを防ぐには昼間の仮眠がオススメで、仕事中なら昼休憩のあと机でもよいので少し仮眠をとりましょう。自宅にいる場合は体を伸ばしてお昼寝をします。すると午前中の疲れが軽くなってその日の夜まで何とかもつようになります。

PR