シミや老化のリスクは激ヤバレベル!妊娠中の紫外線対策は室内でも必須!
14views

シミや老化のリスクは激ヤバレベル!妊娠中の紫外線対策は室内でも必須!

妊娠中の紫外線はその後のシミの原因の元になる可能性があると言われるほど、徹底して対策をする必要があります。その理由は妊娠中は普段よりも紫外線の刺激に敏感になっているためです。室内であっても日焼け止めをこまめに塗ること、シミを誘発させる食事を控えて肌を綺麗に保つ食事を心がけましょう。

妊娠中の紫外線はシミの原因に!

妊娠中の紫外線はシミの原因に!

女性にとってシミは不快な肌トラブルの一つですが、このシミは妊娠中に多くの紫外線を浴びることでできやすくなります。

それは妊娠中のホルモンバランスに理由があります。女性は妊娠すると赤ちゃんを守るために女性ホルモンが分泌されますが、この女性ホルモンはシミの元になるメラトニン色素を生成しやすい状態にします。

このため、少しの紫外線刺激でもシミの原因になるため、妊娠中はとくに紫外線対策が必要です。また、紫外線によるシミの怖いところは、シミがすぐにできるわけではないところにもあります。

例えば、10年前に浴びた紫外線が元でシミができるとも言われています。つまり、妊娠中の紫外線刺激に弱い時期に不用意に紫外線を浴びてしまうと数年後以降のシミの元を作ることになるのです。

紫外線を浴びて老化する?!

紫外線を浴びて老化する?!

紫外線は適度に浴びる事で体内にビタミンDが合成されたり、免疫力が向上したり、さらには睡眠の質を良くするという効果があることがわかっています。

しかし、日光に含まれる紫外線の9割を占めるUV-Aという長い波長の紫外線は光老化と呼ばれる皮膚の老化現象を促す性質があることがわかってきました。このUV-Aは肌の奥の真皮と言われる細胞にまで到達し、皮膚を乾燥させたり、硬くさせると言われています。

そのため、紫外線の中でもとくに徹底して防ぐことが求められます。このUV-Aの厄介なところはその透過性の高さにあります。UV-Aは雲や窓を通過する性質があるため、くもりの日や室内にいても安心できません。むしろ、室内で無防備に浴びるUV-Aこそ、肌の老化の原因となっているとも言われています。

対策として日焼け止めを選ぶときは慎重に!

対策として日焼け止めを選ぶときは慎重に!

紫外線対策として日傘や帽子などの他、日焼け止めがありますが、妊娠中の日焼け止めは刺激の少ないものをこまめに塗ることが大切です。その理由は、肌に塗るものは皮膚から吸収され、赤ちゃんに酸素と栄養を与える血液を汚したり、成分を乱すおそれがあるからです。そのため、塗るタイプの日焼け止めはとくに慎重に選ぶようにしましょう。

食事内容でもシミのできやすさは変わる!

食事内容でもシミのできやすさは変わる!

妊娠中の紫外線によるシミは食事によってもできやすさが変わってきます。

新鮮な野菜や果物などの摂取でビタミンやミネラルの補給をすることで肌の新陳代謝がスムーズに行われるので、野菜や果物などはとくに有効です。

一方で、シミを作りやすくする食事や食材には十分に注意が必要です。例えば、シミを作りやすくするものの中には精製された炭水化物があります。これは白米や白い小麦粉の他、砂糖も含まれます。

これらの精製された炭水化物は急激に血糖値をあげて血液の成分に変化を与えるだけでなく、血液や血管内を汚すと言われています。そのため、ちょっとした刺激でシミができやすくなっている肌をさらに負担をかけてシミの発生を加速させます。

紫外線を浴びたら炭水化物を控えて良質な脂質を摂取!

紫外線を浴びたら炭水化物を控えて良質な脂質を摂取!

そのため、日差しを浴びた日はとくに精製された炭水化物の摂取を控えることも大切です。

しかし、炭水化物が食事から減ると食べた気がしないため、余計に間食が増えるリスクが高まります。このようなことを防ぐためには炭水化物でも玄米や全粒粉を用いたものを摂取するように心がけましょう。

また、良質な脂質は満腹感を増すので、おすすめです。さらに植物性の良質な脂質は肌の再生には効果的であるのでシミの発生を抑制する働きが期待できます。

PR