今何かと問題になっている出生前診断のメリットデメリットが知りたい・・!
22views

今何かと問題になっている出生前診断のメリットデメリットが知りたい・・!

倫理的な問題、妊婦の心身の問題など様々な面の問題を巻き込んで注目されている出生診断ですが、あまりよく知らないという方も多いのではないでしょうか?今回は出生診断のメリットデメリットをわかりやすくご紹介したいと思います。子供を生むことを考えている方は一度は考えてほしい問題だと思います。

出生前診断のメリットデメリットの前に・・

そもそも出生前診断って何のこと?

そもそも出生前診断って何のこと?

出生前診断というのは、妊娠初期の段階で赤ちゃんの状態を検査し、赤ちゃんに先天性の障害や病気が生じていないかどうかを確かめることができる検査です。検査の方法には様々な方法があり、自分の年齢や状況、医師との相談を重ねた上で行われます。

出生前診断の方法!

出生前診断の方法!

出生前診断にはお腹に針を刺したり子宮に管を入れることによって赤ちゃんの皮膚の組織ととったり、胎盤の組織を取ったりするような方法と、妊婦さんの血液を採ることによって検査する方法があります。

前者の方法は、羊水検査、絨毛検査と呼ばれている検査方法で、結果が出るまでに時間がかかる場合あり、流産のリスクが高い検査補法です。羊水検査では赤ちゃんの皮膚の組織を、絨毛検査では胎盤の細胞組織をとって検査します。流産のリスクが高くなる分より正確な結果を得ることができます。

後者の方法は、母体血清マーカーテストと呼ばれる方法です。血液検査のような方法でリスクも少なく、前者の方法よりは気軽に受けることができます。ただし、検査の結果の正確さは低くなります。他にも超音波を使った検査などがあります。

出生前診断が注目されている理由

妊婦の高齢化に伴って自分の子供が障害を抱えているかどうか心配になる方が増えてきています。お金はかかりますが、自分の子供の状態をきちんと確かめたいという方が増えているのです。

倫理的な問題や、本人たちの心や体の問題など様々な点で議論がなされています。出生前診断のメリットとデメリットを生理してみましょう。

出生前診断のメリット

出生前診断のメリット

出生診断を行うことによって、自分のお腹の子供の状態を詳しくしっかり知ることができます。何も病気を抱えていない場合には安心でき、障害を万が一抱えていることが分かれば早くから心の準備をすることができます。治療可能な病気や障害であれば、早期の治療を行うことができます。子供のことについて夫婦でしっかり話合う時間を作ることもできます。

出生前診断のデメリット

出生前診断のデメリット

子どもが障害を抱えていることが検査で分かり、中絶を選択した場合に心と体に大きな負担がかかります。周囲から非難されることもあるかもしれません。中絶をするというのも一つの大きな決断ですが、周りの目がどの様になるかはわかりません。検査結果を待っている間も不安に成りますし、検査をすることによって悩み事が余計に増えます。検査の方法にもよりますが、流産のリスクもあります。

出生前診断を行って問題が無かったからと言って絶対に健康な子が生まれてくるというわけではありません。自分の子供とどのように向き合いどのように育てていくのかあらゆる可能性を考えて子供を作ること、生むこと、検査することを決断しなければいけません。

PR