【知っておきたい】便秘解消のために妊娠中のウォシュレットって大丈夫?
12views

【知っておきたい】便秘解消のために妊娠中のウォシュレットって大丈夫?

妊娠中に限らず多くの女性が便秘に悩まされているのではないでしょうか?便秘解消の方法の一つにウォシュレットで肛門を刺激する方法があるらしいのですが、この方法は妊娠中に行っても問題ないのか気になりますよね。妊娠中のウォシュレットの使用についてしっかり知っておきましょう。

妊娠中のウォシュレットは危険なの?

妊娠中のウォシュレットは危険なの?

妊娠中に限らず女性の多くがウォシュレットを利用していると思います。肌を傷つけずに綺麗にすることができるのでとても良いですよね。この肛門の洗浄のためにふつう使われているウォシュレットをなんと便秘解消のために使っている女性が多くいるんです。

肛門の周りをウォシュレットで刺激し、排便を促すという方法なのですが、妊娠中にウォシュレットを使っても問題ないのか、ウォシュレットを使った便秘解消は効果があるのかという点についてまとめてみました。

妊娠中のウォシュレットの使用はOK!

妊娠中のウォシュレットの使用はOK!

妊娠中でもいつもと同じようにウォシュレットを使用しても構いません。ウォシュレットを使うことによってデリケートゾーンを清潔に保つことができるのでオススメです。

お腹が大きくなるとお尻を拭くのも一苦労だと思うのでウォシュレットでパパッと済ませられると楽ちんですよね。病院のトイレにウォシュレットがあるくらいなので危険ということはありません。

ウォシュレット使用はOKだけど、注意したい点が・・

膣を守っている菌もながしちゃうことがある・・

膣を守っている菌もながしちゃうことがある・・

妊娠中は体の免疫力が低下しています。そのため、膣の中も様々な感染症にかかりやすくなっています。そこで体には赤ちゃんを守るために膣や子宮を外部の様々な菌から守ってくれるデーデルライン乳酸菌という菌がいます。

この菌がウォシュレットで流されてしまい、結果的に膣炎などの感染症にかかってしまことが多くなると言われています。感染症にかかるとお腹の中の赤ちゃんの早産や流産に繋がることがあるので怖いです。ウォシュレットを使いすぎない限りは大丈夫なので頻度を良く考えて使うようにしましょう。

ウォシュレットのノズルの掃除してる?

ウォシュレットのノズルの掃除してる?

いくらデリケートゾーンを清潔に保てるからと言っても、ウォシュレットのノズルから出てくる水が雑菌だらけれでは清潔にするどころか、むしろ逆効果です。

妊娠中で大変かもしれませんが、定期的にトイレのウォシュレットノズルは掃除をするようにしましょう。自分で掃除をするのが大変になってしまった場合にはパートナーや周りの頼れる人にお願いして掃除してもらいましょう。

ウォシュレットで便秘解消している人は多い

ウォシュレットで肛門を刺激することによって便意を誘発するという方法で便秘解消を図っている女性の方は意外にも多いです。

薬などを使わずに簡単に排便することができますが、これが習慣化してしまい、ウォシュレット無しでは排便できなくなってしまうと根本から便秘を解消することが難しくなってしまいます。場面でたまにするくらいなら良いですが、毎回ウォシュレットを使って排便するというのは避けるようにしましょう。

便秘は根本から改善するべき!

便秘は根本から改善するべき!

妊娠中の便秘は水分を多めに飲んだり軽い運動することで腸の活動を活発にしたり、あまりにも辛い場合には婦人科で処方された薬を飲むなどして対処するようにしましょう。

体を冷やさないようにするだけでも代謝が上がり腸の活動量が上がります。便がお腹に溜まっていると苦しいだけでなく、健康にも良くないので早めに解消するようにしましょう。

PR