妊婦はカルシウムを沢山摂ろう!どうやって摂ればいい?効率良くカルシウムを摂るコツについて
114views

妊婦はカルシウムを沢山摂ろう!どうやって摂ればいい?効率良くカルシウムを摂るコツについて

妊婦はカルシウムが不足します。理由は簡単です。お腹の中で育っている赤ちゃんの生育のために、赤ちゃんの骨となるカルシウムが必要になるからです。いくら積極的に摂ろうと心掛けても、ただやみくもにカルシウムが含まれる食材を食べれば良いと言うわけではありません。効率良くカルシウムを摂取するコツをまとめました。

妊婦はカルシウムが必要なワケ

妊婦はカルシウムが必要

妊婦はカルシウムが必要になるのは何となくイメージでおわかり頂けるのではないでしょうか。実際に、お腹の中で成長している赤ちゃんは、骨などが成形されていきます。つまり、その骨などの成分となるカルシウムは、妊婦さんの体内にあるカルシウムが送りこまれることになります。
ですから、この赤ちゃんが育っていく過程で、カルシウムという栄養素は欠かせません。赤ちゃんの成長に必要なカルシウムは、外部から摂取する以外には、妊婦さんの骨にあるカルシウムが血液に溶けだして、赤ちゃんの成長のために使われます。つまり、積極的にカルシウムを摂取しないことによって、自分自身の骨密度が減ってしまうことになるのです。

カルシウムは女性ホルモンにも影響もします

女性ホルモンの中で、エストロゲンという女性ホルモンは骨の形成に重要な役割があります。加齢によって、そして妊娠中のホルモンバランスの乱れによって、このエストロゲンが減少することで、骨の形成を上手く出来ない事もありますので、積極的にカルシウムを摂ることで、その骨の形成を促すことができます。

カルシウムを積極的に摂ろう!

妊娠中はカルシウムを積極的に取ろう

カルシウムが多く含まれている食品は、乳製品や野菜、小魚などの食品が代表的です。小魚は出来る限り骨ごとたべることで、よりカルシウムの摂取量が増えます。ただし、それぞれの食品に対してのカルシウムの吸収率が異なり、一番効率良くカルシウムを摂取出来るのは乳製品になります。

カルシウムを摂るために積極的に摂りたい栄養素

ただ、カルシウムの含有量が高い食品を食べれば良いということでもありません。カルシウムも他の栄養素と同様に、一緒に摂ることで吸収率がアップする栄養素があります。ですから、カルシウムを摂るときには、併せて一緒に食べるものがあります。

一緒に食べたいマグネシウム

妊婦はカルシウムと一緒にマグネシウム

カルシウムの吸収率を上げるだけではなく、一緒に骨の形成に必要な栄養素がマグネシウムになります。このマグネシウムが多く含まれている食品として、ゴマやアーモンドなどの豆類、そして魚介類などがあります。ですから、牛乳と併せてこういった食材を摂ることを心がけましょう。

カルシウムの吸収率をアップさせるビタミンD

カルシウムの含有量が高い食べ物を食べても、体内で吸収しなければ意味がありません。ビタミンDは、カルシウムを体内に吸収する働きを促進します。代表的な食品にうなぎやきくらげなどがあります。

カルシウムを摂る際に気を付けよう!

カルシウムは、一日の摂取量が決まっています。女性の場合、カルシウムを多く摂りすぎてしまうと、めまいなどの高カルシウム血症を引き起こす恐れもあります。ですから、やみくもにカルシウムを摂れば良いというわけではありません。また、せっかく意識してカルシウムを摂取しても、カップラーメンなどに多く含まれているリンも併せて多く摂取すると、体内へのカルシウムの吸収率を下げてしまいます。ですから、リンを多く含む食品は気をつけて食べたり、リンの摂取をセーブするように心掛けるだけでも、カルシウムの吸収率は異なってくるでしょう。

PR