妊娠中にうつぶせで寝るのはイイの?実は母子共に良い効果が
261views

妊娠中にうつぶせで寝るのはイイの?実は母子共に良い効果が

妊娠中にうつぶせで寝ても大丈夫なのかな、と不安や疑問に思ってしまう方は多いのではないでしょうか。どうしてもお腹を下にするのは抵抗があるかもしれませんが、ここでは妊娠中にうつぶせで寝ることでどんな影響があるのかなどをまとめてみました。

妊娠中にうつぶせで寝るのはイイのか

妊娠中にうつ伏せ寝

妊婦にとって妊娠中の睡眠はとても大事なもの。睡眠が足りていないとそれだけでストレスが溜まることもありますし、肌荒れをさらに助長させることにも繋がります。ぐっすり快眠することが母体にもお腹の赤ちゃんにとってもイイことなのですが、妊娠中にうつぶせで寝ることは果たしてイイのか悪いのかという疑問を持ったことがある方は意外に多いのではないでしょうか。

人によって寝方はさまざまですし、中にはうつぶせでないと眠れないという方もいるでしょう。しかし、お腹の中に赤ちゃんがいることを考えるとどうしてもうつぶせになることに抵抗を感じてしまう、という方も少なくありません。しかし、産婦人科医院の先生に聞いてみても妊娠初期なら基本的に問題ないという答えが返ってくることが多いみたいです。妊婦の寝やすい向きで寝て良いという先生が多いようですからそこまで神経質にならなくても良いでしょう。ただし、お腹が大きくなってくると自然にうつぶせで寝るのはしんどくなることが多いです。

実はイイ効果もあるうつぶせ

妊娠中の女性の多くはうつぶせで寝ることに抵抗を覚えてしまうようですが、実際には特に影響などもないため自由に寝てイイみたいです。また、一般的には赤ちゃんにも悪い影響が出てしまいそうなうつぶせの寝方ですが、実は母子ともにイイ効果が得られる寝方だと言われているのをご存じでしょうか。

多くの妊婦は寝る時にあおむけで寝ると思いますが、仰向けで寝てしまうと重力によって子宮が自然と下がってしまうため血流を悪くしてしまう可能性があると言われています。血流が悪くなってしまうということは本来赤ちゃんに届けられるはずの酸素や栄養なども行き渡らなくなってしまいますし、妊婦自身も快眠を得られなくなってしまうのです。こうしたことから、特に妊娠初期などはうつぶせで寝る方がイイと言われているのです。

うつぶせで寝ている時の赤ちゃんの状態って?

いくらうつぶせで寝るのが母体にも赤ちゃんにもイイと言われても、はいそうですかとうつぶせで寝ることができる方は少ないかもしれません。うつぶせで寝ている時に赤ちゃんがどのような状態になっているかも分かりませんし、本当に大丈夫なのかなと心配になってしまうのもうなずけます。

お母さんのお腹の中にいる赤ちゃんというのは胎盤や羊水でしっかりと守られています。羊水や胎盤があることでしっかり赤ちゃんが守られているのです。そのため、衝撃などがダイレクトに伝わることも少ないですし、うつぶせで寝ても特に問題はないのです。

とりあえず気にせずしっかり睡眠

妊娠中はうつぶせ寝でもいいのでしっかり寝る

うつぶせで寝ることにそこまで神経質になる必要はないということが理解できたと思います。最初にお伝えしたように、妊婦はとにかくしっかり睡眠をとることが大切ですから、細かいことは気にせずに毎日しっかりと快眠できるようにしたほうがイイでしょう。寝やすいならうつぶせでもイイですし、自分の寝やすい恰好で寝るのが一番です。ただ、さきほどお伝えしたように仰向けの状態はいろいろと問題もあるみたいですから、特に妊娠初期の頃はうつぶせで寝るとイイかもしれません。是非試してみましょう。

PR