妊娠中にペットを飼うのはNG?覚えておきたい注意点とは
216views

妊娠中にペットを飼うのはNG?覚えておきたい注意点とは

妊娠中にペットを飼ってはいけない、と耳にしたことがある方は多いはず。しかし、既にペットを飼っている方やどうしても動物と暮らしたいという方にとってはちょっとツライですよね。ここでは妊婦がペットと暮らすリスクや注意点についてまとめてみました。

妊娠中にペットを飼うのはダメ?

妊娠中にペットを飼うのは感染症に注意

カワイイ猫や犬など、ペットと一緒に過ごしていると心が癒されるという方は少なくありません。ペットブームの再来と言われる現代では多くの方がペットと一緒に生活を送っていますし、妊婦でもペットを飼いたいという方も多いのです。しかし、一般論としても妊娠中にペットを飼うのはNGと言いますし、母体や赤ちゃんに悪い影響が出てしまうと耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

妊娠しているからといってペットを飼ってはいけないということはありません。ただし、注意すべきことが多いのもまた事実です。そこをしっかり理解したおかないと何か起きた時にペットのせいにしてしまうことになるので注意しましょう。

感染症に注意する

トキソプラズマ症と呼ばれる感染症があります。このトキソプラズマ症はペットが原因で引き起こされることが多い感染症の一つで、基本的には猫を宿主としています。しかし、トキソプラズマは猫だけでなく時には犬にも寄生すると言われていますから注意しなくてはなりません。猫だけ注意すればイイという話ではないのです。

妊娠中にトキソプラズマに感染してしまうと母体はもちろん、胎児にも悪影響を与えてしまいます。主に妊娠初期に感染すると影響が出てしまうと言われていますから、妊娠初期にはペットとのコミュニケーションに気を付ける必要があります。トキソプラズマに感染しているかどうかは病院でチェックすることができますから、気になってしまう方は血液検査などを受けてみることをおススメします。

トキソプラズマを予防するには

ペットと妊婦が一緒に暮らす上でもっとも注意しなくてはいけないと言われるトキソプラズマ症ですが、主な感染ルートとしては猫や犬の排せつ物から人に感染します。トキソプラズマに感染すると奇形の原因になってしまったり、最悪流産する可能性もあると言われていますからバカにはできません。では、トキソプラズマの感染を防止する方法はないのでしょうか。

まずはペットの排せつ物を処理する方法を工夫することで予防することができます。さきほどお伝えしたようにペットの排せつ物を介して人に感染しますから、排泄物を処理する時は手袋を着用する、手洗いをしっかり行うなどを徹底しましょう。できれば手袋も使い捨てタイプのものを使用することをおススメします。こうした細かいことを徹底することで予防が可能となるでしょう。

換気とクリーニングをこまめに

妊娠中にペットを飼うには掃除をこまめに

トキソプラズマだけが脅威なのではありません。妊娠中の女性というのはホルモンバランスが大幅に変化していますから、時にアレルギーを発症してしまうこともあります。今までまったく動物アレルギーなどなかったのに突然アレルギーが発症した、ということはよくあります。そのため、できるだけこまめに部屋をクリーニングしたり、換気もしっかりと行うようにしましょう。

ペットと一緒に暮らしていると意外に気が付かないものですが、動物の毛は至るところに落ちていますし食べかすや排泄物のカケラなどが落ちていることもあります。空気中にも毛が舞っていることがありますから、できる限りこまめに部屋やケージを掃除する、換気を行うなど徹底するようにしましょう。

PR