妊娠中の電子タバコは赤ちゃんに悪影響なのか
3,032views

妊娠中の電子タバコは赤ちゃんに悪影響なのか

日頃から喫煙習慣があった女性にとって妊娠中の禁煙はツライもの。現在では電子タバコなる製品も販売され注目を集めていますが、妊娠中の電子タバコは果たして赤ちゃんに悪影響なのでしょうか。いくつか情報をまとめてみました。

妊娠中のタバコはそんなにいけないこと?

妊娠中のタバコ

妊娠中の電子タバコ云々という話題よりも、そもそも妊娠中にタバコを吸うというのはそれほどいけないことなのでしょうか。恐らく多くの妊婦は「妊娠したらタバコを吸ってはいけない」ということを頭では分かっているものの、何故いけないのかについて理解している方は少ないのではないでしょうか。

まず、タバコに含まれているニコチンは血管を収縮させる働きがあります。このため、妊婦がタバコを吸ってしまうと血管が収縮してしまい赤ちゃんに本来送られるはずの血液や栄養が充分に行き渡らなくなってしまう可能性があるのです。また、喫煙習慣のある妊婦が早産だったり流産してしまうことがありますが、これはお腹の中にいる赤ちゃんが早く外に出たがった結果とも言われています。つまり、タバコの有害物質が入ってくることでお母さんのおなかの中に居づらくなってしまった、ということです。

電子タバコでもいけないの?

今までの喫煙習慣を簡単に止められるほど人間は意思の強い生き物ではありません。また、ニコチンは身体だけでなく精神にも依存しますからそう簡単にタバコを止めるということはできないのです。そんな中誕生した電子タバコですが、これなら本物のタバコじゃないし安全なのでは?と喜んだ方も多いのではないでしょうか。

妊娠中の電子タバコの影響

現在ではいくつかのタイプの電子タバコが販売されていますが、ニコチン入りの電子タバコは論外です。母体にも赤ちゃんにもニコチンが悪影響を与えるのは周知の事実ですから、ニコチン入りの電子タバコは最初から議論の余地なしと言えるでしょう。では、ニコチンの入っていない電子タバコなら大丈夫なのかということですが、これも賛否両論です。電子タバコはまだ歴史が浅いですし、母体や赤ちゃんにどのような影響が出てしまうかというデータも少ないのです。そのため、できれば止めておいた方がイイというのが正直なところです。

普通のタバコよりはちょっとマシ?

ニコチンを思いっきり吸い込む従来のタバコよりは多少マシではないのか、と聞かれるとそれはそうなのかもしれません。ニコチンの入っていない電子タバコならニコチンを体内に摂取することもありませんし、従来のタバコよりは健康面での悪影響は考えにくいでしょう。ただし、さきほどもお伝えしたようにまだまだ電子タバコは未知の存在ですから、はっきり分かっていない部分が多すぎます。母体と赤ちゃんのことをしっかり考えたいのならやはり止めておいた方が無難と言えるでしょう。

基本的にはやめておいた方がイイ

妊娠中の電子タバコも控える

通常のタバコはもちろんですが、できれば電子タバコもやめておいた方がイイのかもしれません。まだまだ分かっていない部分が多いですし、これからどのような健康被害が報告されるかも分からないのです。また、例え健康被害がないとは言え、お腹をつきだした妊婦が電子タバコを吸っているような姿はあまり見ていて愉快なものでもありません。

妊娠中の喫煙は控える

タバコを吸わない方からすると普通のタバコも電子タバコも区別がつきません。そのため、カフェや公園のベンチなどでお腹の大きな妊婦が電子タバコを吸っていると「妊婦なのに・・・」と白い目で見られてしまうことも考えられます。赤ちゃんが無事に生まれてくればまた喫煙することは可能なのですから、せめてお腹に赤ちゃんがいる時くらい我慢してみては如何でしょうか。

PR