妊娠中の食べつわり対策でツライ時期を乗り切ろう
227views

妊娠中の食べつわり対策でツライ時期を乗り切ろう

妊娠中のつわりにはいくつか種類がありますが、その中でも食べつわりは厄介です。そこで、ここでは妊娠中の食べつわり対策についていくつか情報をまとめてみましたから、今現在妊娠しているという方や気になる方はチェックしてみましょう。

食べつわりとはどんな症状?

妊娠中の食べつわり対策

妊婦にはつきもののつわりですが、一口につわりと言ってもいくつかの種類があります。もっとも代表的なものだと吐きつわりがありますが、食べつわりになってしまう女性も少なくありません。では、この食べつわりの症状とはいったいどのようなものなのでしょうか。

何かを食べないと気持ち悪くなってしまう、というような症状が食べつわりです。吐きつわりだと食べ物を見ただけで気持ち悪くなってしまったり、実際に吐いてしまったりして食欲も減ってしまうのですが、食べつわりは逆に食べないと気持ち悪くなってしまうのです。食べつわりだと常に何か口に入れたくなってしまうため体重が増えてしまうことが考えられますし、体重が増えすぎると出産時に体に余計な負担をかけてしまうこともあります。

起きてすぐに何かを口に入れる

朝起きた時がもっとも気持ち悪い状態になっていることが多いですから、できれば枕元などにすぐに食べれるものを置いておくとイイかもしれません。たくさん置く必要はありませんから、ちょっと口に入れることのできるものを置いてあるだけで充分です。

妊娠中の食べつわり対策としてこの方法は比較的メジャーですが、いつも何かを食べているような状態になることが多いですから虫歯になってしまう方もいます。妊娠中に歯科医院にも通わなくてはいけないとなると少々面倒くさいですから、ブラッシングやうがいなどはしっかりと行うようにしましょう。

就寝前にお腹に入れておく

朝起きた時がもっとも気持ち悪いという方は多いです。そこで、夜寝る前に何かしらお腹の中に入れておくと空腹状態を避けることができるため起き抜けでも気持ち悪くならないです。もちろん、寝る前に食べ過ぎてしまうと肥満の原因になってしまいますからたくさん食べるのはNGですが、少量なら食べつわり対策に効果がありますから是非実践してみましょう。

できれば一度にたくさんの食事をとるのではなく、少しの量を一日数回とるような食事に変えると食べつわり対策になります。また、食べる時もしっかりと咀嚼することで満腹中枢を刺激することができます。

できるだけカロリーの低いものを口にする

妊娠中の食べつわり対策にはできるだけカロリーの低いものを

食べつわりだとずっと何かを食べているような状態になることも珍しくありませんが、そうなると当然気になるのは体重の増加です。気持ち悪さはおさまったとしてもそれで太ってしまってはいけませんから、なるべくカロリーの低いものを口にすることを心がけましょう。

現在ではローカロリー、ゼロカロリーのキャンディなども販売されていますから、日中はそうしたものを利用するとイイかもしれません。高カロリーなものばかり口にしていると体重増加だけでなく虫歯やその他の病気を引き起こす可能性もあります。

睡眠とリフレッシュでストレスフリーに

妊娠中の食べつわり対策には睡眠

しっかりと睡眠をとったり、時には近所に散歩に出かけたりすることでリフレッシュすることができます。妊婦にとってストレスは大敵ですが、食べつわりになってしまうとどんどんストレスも溜まってしまいがちです。こうなるといろいろな面で悪循環になってしまいますから、ストレスをなるべく溜めずに解消することを考えなくてはいけません。睡眠をしっかりとることはもちろん、天気のイイ日は公園などでウォーキングするなど気分転換してみましょう。

PR